漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

主人公には明確な目的を持たせる!

さあ、今回もはりきってお送りいたします。
漫画の主人公についてですが、主人公は必ず明確な目的を持たせてください。
たとえすごく魅力的なキャラ設定ができたとしても、なんの目的も持たせずに物語の中に送り出してはNGです。


そして、なるべく物語の早い段階で読者に目的が分かるように、それとなく知らせてください。
それとなくとというのは、
「俺の目的は世界征服だー!」
などと自分から直接言わせたりせず、主人公や周りの人の行動によって表現することです。
たとえばサッカー漫画であれば、レギュラー選手を羨ましそうに見ながら、すごく一生懸命練習するなどすれば、レギュラーになるのが目的なんだなと伝えることができます。
主人公の目的をはっきりさせる理由は、物語を分かりやすくするためです。
読み切りなどの短編漫画で重要なのは、いかに早い段階で読者と物語をつなげるか、ヱヴァンゲリヲン風に言えば、主人公と読者とをシンクロ率を高めることになります。
シンクロに失敗すれば読者は離れてしまいます。
置いてけぼりにされた気分になり、つまらないと思ってしまいます。
ですから必ず主人公には明確な目的を持たせましょう。
例としては、
「ワンピース」 → ワンピースを探す
「北斗の拳」 → ユリアを助ける
「STEEL BALL RUN」 → レースに勝つ、遺体の部位を集める
「カイジ」 → 借金を返す
などですね。
人気漫画はどれも主人公には明確な目的があり、それに向かって突っ走っています。
連載では大きな目標に対して、目先の小さな目標も設定されてくるでしょう。しかし、どの時点でも主人公の目標は明確です。
主人公の目的をはっきりさせて、読者をいち早く作品の中に引っ張り込みましょう。
では、次回は主人公の目的に対する動機と苦難についてです。
○今回の新人賞を獲るポイント
主人公には必ず明確な目的を持たせる

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

すぐできる漫画の登場人物の名前の考え方

もうエンドレスで届く、 出会い系サイトの広告メールっていやですよね。 王道は、「一般の女性を装ったメール」。 「こんにちは。千野かなみと言います。 突然のメールでごめんなさい…」 こんな風に普通のやり …

好感度を上げるには○○を登場させよう!

内容はどうこういわず、とにかく好かれる読み切り漫画を 描きたいと思っているのなら今回の話は役に立つと思います。 これで、どどどーん!と好感度アップさせてしまってください。 それこそが、『動物』を使うこ …

「悪人=敵」の考え方!

前回は「嫌な奴」の考え方を紹介しましたが、 今回は、悪人です。 嫌な奴と悪人の違いは、「恐怖感」です。 悪人は、とてつもない恐怖を読者に 与える存在です。 震えさせ、ゾッとさせるんです。

ダブル主人公の効果

心理学では「一貫性の幻想」というものがあります。 一言で言えば、 「同じ要素が2つ合わさると、それぞれの要素が極端に強まる」 というもの。 たとえば、「Aさんはかわいい」と言われたらどうでしょう。 お …

どうすればモテるキャラを描ける!?

最近、よく 『どうすればかっこよくないのにモテるキャラを描けるようになりますか?』 というご質問をいただきます。 今回はその問題に、ズバリお答えしましょう。 実は人間は単純です。 すごく簡単に言えば、 …