漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

主人公には読者のあこがれる特殊能力を!

さて、今回は主人公の能力についてです。
主人公を考える上で一番重要なことは特殊能力だと思います。
特殊能力なんていらないという考えもあるかもしれませんが、
漫画という題材で面白さを表現するのであれば不可欠なものです。


主人公の奇抜な能力としては、
「コブラ」での「サイコガン」
「JOJOの奇妙な冒険」での「波紋」「スタンド」
「ワンピース」での「ゴム人間」
など、数え上げればきりがありません。
そんな特殊能力ですが、注意しなければいけないのは、
必ず「読者が憧れる能力」にする必要があります。
憧れを抱くことで、読者の主人公への愛着が生まれます。
また、読者は魅力的な能力を操る主人公によってちょっとしたドキドキわくわくを疑似体験できるわけです。
そして、その読者とは普通の人を想定してください。
普通の人が憧れる能力です。
昼休みに昨日見たお笑い番組の話を必死にしているような普通の人です。
まちがっても月のおこずかいが百万円とかいう特別な人があこがれる能力ではないというところに注意してください。
「そういわれても、思いつかないんじゃー」
と突っ込まれそうですね。
考える方法として、やり易いのは「○○なのに△△」
のパターンで意外な組合せ考えることです。
空を飛ぶ、未来予知、時空の移動、読心、不死身の肉体、霊能力、瞬間移動などありがちな能力でも主人公の年齢、性別、性格などにより魅力的になります。
「子供のなのに頭脳は大人(名探偵コナン)」
「女の子なのに怪力(アラレちゃん)」
などは有名です。
普通は名推理といえば大人というのを子供にやらせる。
普通は怪力と言えば男というのを女の子にしてみる。
という逆転の発想方法です。
これであれば、突飛な能力が思いつかなくても主人公に能力をつけることができます。
気に入った能力を思いついたら、さらに細かい設定を付け加えればOKです。
○今回の新人賞を獲るポイント
主人公の能力設定に困ったら『○○なのに△△』というパターンで考える

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

主人公の年齢の決め方!

以下、メルマガ第2号と同じ内容です。 今回は、主人公像についてです。 読み切り漫画で重要なのは、設定と主人公です。 割合で言えば、 ・読み切り漫画の重要性割合  ストーリー   10%  設定     …

魅力的なヒロインにする心理テクニック

このテクニックを使えば、だれでも読者が気に入る ヒロインを生み出すことができるという すんごいテクです。 それでは、早速ですが、 魅力的なヒロインを生み出す秘訣、それは、 心理学における「ダブル・バイ …

すぐできる漫画の登場人物の名前の考え方

もうエンドレスで届く、 出会い系サイトの広告メールっていやですよね。 王道は、「一般の女性を装ったメール」。 「こんにちは。千野かなみと言います。 突然のメールでごめんなさい…」 こんな風に普通のやり …

キャラクターに説得力を持たせる方法!

以前、 赤マルジャンプの読み切り作品を読んでいたら、 微妙な違和感を感じる作品がありました。 登場していたのは小柄で、 かわいくて、 笑顔が素敵でな少女でした。

スポーツ漫画の主人公のキャラ設定方法!

今回はスポーツ漫画の主人公のキャラ作成についてです。 万能ストーリーを紹介させていただきましたが、書きたい作品のジャンルによっては使い難い場合があります。 それは、スポーツを題材にした作品です。