漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

主人公の年齢の決め方!

以下、メルマガ第2号と同じ内容です。
今回は、主人公像についてです。
読み切り漫画で重要なのは、設定と主人公です。
割合で言えば、
・読み切り漫画の重要性割合
 ストーリー   10%
 設定       30%
 主人公のキャラ 40%
 絵柄       10%
 場面構成    10%


手垢のついていない奇抜な設定と読者にモテる魅力的な
主人公がビシッと決まれば、面白さの70%は完成しています。
絵やカット割りというのはその面白さを伝える道具になります。
あなたのよく読む漫画雑誌でたまに載る読み切り漫画を思い出してみてください、
「面白いんじゃね?」
と思った作品で最初に思い浮かぶのは主人公と設定ではないでしょうか?
書き慣れていない下手な絵でも普通に掲載されています。
絵は後で上達すれば良いんです。
新人賞の審査員も魅力的なキャラと設定は大好物です。
ではでは、そんな主人公の考え方です。
まず、基本的には主人公はあなたと同じ年齢、もしくは、少し年下にしましょう。
決して年上にしてはいけません。
私も20代前半で30代後半の主人公の話を書こうとしましたことがありましたが、
「何か変!」になりました。
何が変かといいますと、「セリフがぎこちない」んです。
30代後半の人のセリフじゃなくて、20代前半の人が思う30代後半の人のセリフなんです。
これに気がついていないと、せっかく魅力的な主人公像を作り出しても、
読者に面白さが伝わらなくなってしまいます。
だから、あなたが17歳なら主人公も17歳というのが一番良いわけです。
私は今35歳ですが、今の高校を舞台にした話を作ろうと思っても多分書けません。
たとえ書いても「なんとなく古い雰囲気の話」となってしまうに違いありません。
今の高校生が何を考え、何に怯え、何に喜びを見出すのかといった感情的な部分が
肌に感じられないから、リアリィのあるセリフがさっぱり浮かばないんですね。
だから、逆に考えれば、あなたが当然と思っている世界を描くだけでも、
審査員と年齢に差があれば、新鮮に映るかもしれません。
背伸びをせず、今の自分に近い年齢の主人公を描きましょう。
○今日の漫画の新人賞を獲るポイント
主人公は自分と同年代としよう

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

魅力的なヒロインにする心理テクニック

このテクニックを使えば、だれでも読者が気に入る ヒロインを生み出すことができるという すんごいテクです。 それでは、早速ですが、 魅力的なヒロインを生み出す秘訣、それは、 心理学における「ダブル・バイ …

キャラのすごさを「ほめて」表現する方法

今回は、『ほめる』話です。 読者に登場人物のすごさを伝える方法の一つに 『他のキャラにほめさせる』というのがあります。 ところが、この『ほめる』という行動も効果があるほめ方と、 効果のないほめ方がある …

好感度を上げるには○○を登場させよう!

内容はどうこういわず、とにかく好かれる読み切り漫画を 描きたいと思っているのなら今回の話は役に立つと思います。 これで、どどどーん!と好感度アップさせてしまってください。 それこそが、『動物』を使うこ …

主人公には明確な目的を持たせる!

さあ、今回もはりきってお送りいたします。 漫画の主人公についてですが、主人公は必ず明確な目的を持たせてください。 たとえすごく魅力的なキャラ設定ができたとしても、なんの目的も持たせずに物語の中に送り出 …

キャラクターに説得力を持たせる方法!

以前、 赤マルジャンプの読み切り作品を読んでいたら、 微妙な違和感を感じる作品がありました。 登場していたのは小柄で、 かわいくて、 笑顔が素敵でな少女でした。