漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

主人公の目的達成には動機と苦難がある!

さてさて、今回もまた前回に引き続き、主人公についてです。
いくらあなたが、あっと驚くすごい目的を主人公に設定しても、事が順調に運びすぎて簡単に目標を達成してしまっては、まったく面白くない、ドラマチックじゃないですよね?
それは、物語として成り立っていないからです。


物語として、ドラマとして成り立たないと読者は面白いと感じてくれません。
では、そもそも物語とは何でしょう?
この物語とは何か?
ということについては、一度はじっくり考えてみてください。
物語の本質を分かっていないと、ただキャラを動かしただけの平坦なストーリーの作品が出来上がってしまいます。
さあ、物語は何かを考えましたか?
物語とは「主人公が目的を達成する過程」であり、それを描くのが作品です。
主人公は現状に満足していなくて何かを変えたいと思っているんです。
何かの目標を達成したい、欲しい物を手に入れたいという欲求、これらを達成するために、目標・目的を妨害する障害と格闘していく過程を描いたのが物語です。
物語をおもしろくするには、主人公が持っている「目標・目的」をはっきりさせた上で、それを達成しないといけないという「動機」を重いものにし、これをじゃまする「障害物(敵の攻撃、権力、時間制限、怪我、不利な条件など)」も強大なものにすることが必要です。
どんなことをしても必ず達成したい目標・目的がある主人公が、障害物となる大きな敵や理不尽な危機に一生懸命に立ち向かい、最後には勝利して目標を達成する。
その過程に読者はドキドキハラハラしてページをめくるんです。
連載の場合には、敵を倒したらさらに強い敵が現れる、そうしないと読者は成長を実感できなくて前に進んでいってくれないんですね。
そうです、読者は主人公が困難を乗り越えて成長する姿が見たいんです。
この物語のパターンを守れば、あなたの漫画は間違いなく面白くなるでしょう。
さあ、さっそく、あなたのマンガの主人公に動機と苦難を与えましょう。
○今回の新人賞を獲るポイント
主人公の目的達成には強い<動機>と思いつく限りの最大の<苦難>を与えよ

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

特殊能力を付けたら人間らしさを大切に!

さて、主人公に特殊能力を設定して安心してはいけません。 主人公のキャラや性格よりも、特別な設定ばかりに気を取られ てしまっては読者は白けてしまいます。 特殊能力を使うことばかりが強調されて、人間らしい …

ダブル主人公の効果

心理学では「一貫性の幻想」というものがあります。 一言で言えば、 「同じ要素が2つ合わさると、それぞれの要素が極端に強まる」 というもの。 たとえば、「Aさんはかわいい」と言われたらどうでしょう。 お …

キャラのすごさを「ほめて」表現する方法

今回は、『ほめる』話です。 読者に登場人物のすごさを伝える方法の一つに 『他のキャラにほめさせる』というのがあります。 ところが、この『ほめる』という行動も効果があるほめ方と、 効果のないほめ方がある …

隙があるキャラは必ずモテる!

キャラを動かす上で重要なポイントの一つが隙です。 隙というのは、「キャラクターの心に読者が入り込む隙間」のことです。 この隙間がないと読者は感情移入できずに物語りだけが進み、 読書後の感覚として、スト …

すぐに使える敵キャラ設定パターン集②

今回も敵キャラの設定パターンです。 今後、魅力的な敵キャラや、 心底むかついて早くやっつけて欲しくなる 敵キャラの作り方についてじっくり話して いきたいと思っていますが、