漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

好感度を上げるには○○を登場させよう!

内容はどうこういわず、とにかく好かれる読み切り漫画を
描きたいと思っているのなら今回の話は役に立つと思います。
これで、どどどーん!と好感度アップさせてしまってください。
それこそが、『動物』を使うことです。
まあ、いきなり答えですが。。。。


実際にテレビなどのCMでは、「性」「子供」「動物」を使うと、
売れ行きがアップするという法則があるのです。
いわゆる広告界の、「三種の神器」というやつです。
その理由はシンプルです。
心理学には「連合の法則」というものがあります。
「性による興奮」。
「子供やかわいい動物を見たときの、気持ちの安らぎ」。
これがそのまま、その商品への良いイメージにつながるということ。
この中で、漫画に応用することを考えた場合に
大切なのは、ズバリ「動物」です!
実は心理学者ロックウッドによって行われた、こんな実験があります。
A「ある人が1人で写った写真」と、
B「同じ人がかわいい動物と一緒に写った写真」。
このとき、Bの方が、その人物に対する評価が高くなったのです。
当然ですが、動物は、イヌやネコなど、かわいいものが理想でしょう。
またそれこそ、マスコットやぬいぐるみでもいいでしょう。
とにかく「かわいいもの」と一緒に映ることです。
これ重要です。
とにかく「丸っぽくて、小っちゃくて、かわいい動物やキャラ」
これを登場させれば、読む人の心をキュンキュンさせることができます。
あまりにそればっかり狙うのも問題ですが、
そういった作品を作ってみるのも良いと思いますよ。
○今回の新人賞を獲るポイント
「かわいいキャラで好感度UP!」

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

no image

すぐできる漫画の登場人物の名前の考え方

もうエンドレスで届く、 出会い系サイトの広告メールっていやですよね。 王道は、「一般の女性を装ったメール」。 「こんにちは。千野かなみと言います。 突然のメールでごめんなさい…」 こんな風に普通のやり …

no image

キャラのすごさを「ほめて」表現する方法

今回は、『ほめる』話です。 読者に登場人物のすごさを伝える方法の一つに 『他のキャラにほめさせる』というのがあります。 ところが、この『ほめる』という行動も効果があるほめ方と、 効果のないほめ方がある …

no image

主人公は完璧すぎちゃだめ!

主人公は、欠点など無い完璧な方が かっこよくないですか? という意見をもらいました。 確かにブラックジャックとかゴルゴ13とか かっこいいです。 確かにそうです。 かっこいいんです。 でも、それだけで …

no image

「悪人=敵」の考え方!

前回は「嫌な奴」の考え方を紹介しましたが、 今回は、悪人です。 嫌な奴と悪人の違いは、「恐怖感」です。 悪人は、とてつもない恐怖を読者に 与える存在です。 震えさせ、ゾッとさせるんです。

no image

漫画にヒロインが必要な本当の理由!

あなたの漫画に登場させるヒロインは、 主人公などの登場人物に好かれる 必要があるのはもちろんのこと、 男性読者にも好かれる必要があります。