漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

ストーリーの作り方

物語の舞台に意味を持たせて深みを出す方法!

漫画の舞台となる場所は、
ストーリー上の大きな意味を持たせる必要があります。
舞台と話全体を結びつける因果関係が無いと、
話として失格なワケです。


たとえば、
推理小説を例とすると、
雪山の山荘で胸をナイフで刺されて
人が殺された場合、
その人を殺すのが
雪山の山荘でないといけない理由が無いと
ダメなわけです。
「なんとなく不気味だから」
とか
「絵の資料があるから」
といった理由はNGです。
現実には
「意味もなく」
とか
「何となく」
という出来事は有りますが、
フィクションの話で無意味な設定は、
読者を混乱させるだけなので、
ご法度です。
特にSFものの場合は注意してください。
ホラーなら、
「敵対する相手は謎の生物や
物体でなくてはならない」
という不文律がありますから、
謎があっても問題ないのですが、
SF物の場合は、
全ての謎を理論的に説明する必要があるので、
きっちり完璧に理由をつけなくてはいけません。
仮にSFで人類が月に住むようになっていたら、
「月に住む理由」

「月に住んでいるからこそ起きる事件」
を考える必要があります。
舞台に意味を持たせ、
伏線とするわけです。
もちろん読者もそれを期待しています。
月に住んでいるのに、
それを無視して、
月の雪山の山荘で人を殺しても、
何それ? 月じゃなくていいじゃん
と思われてしまうんです。
こういった部分は以外に見落としがちだし、
気が付いていない人が多いです。
私もストーリー作りをはじめた頃は
この罠にはまっていました。
意味の無い会話やストーリーに関係ない
小道具などの連発です。
主人公に甘い物好きということを
アピールさせようとして、
アイスクリームを食べさせても
そのアイスクリームはストーリーにまったく関係ない
ということを平気でやっていました。
主人公にアイスクリームを食べさせたら、
必ずストーリーに使わなくてはいけません。
アイスの棒があったおかげで、
何かを取ることができてヒロインを救出できるとかです。
それが物語作成のルールです。
ルールが守られていない作品は、
物語ではありません。
ただの日記レベルです。
何度も言いますが、
気が付いていない人が多いんです。
意味の無い舞台や小道具は、
物語作りではNGです。
それをやった時点で失格。
絶対に評価されません。
物語として成り立っていないとして
点数すら付けてもらえません。
あなたの作品は大丈夫ですか?
初心者には難しいですが、
ストーリー作りには避けて通ることのできない
テクニックです。
「こち亀」など一話完結の漫画を読んで、
舞台や小道具の使い方を勉強してください。
きっと新たな発見があります。
○今回の新人賞を獲るポイント
「物語の舞台には明確な意味を持たせること!」

-ストーリーの作り方

執筆者:

関連記事

読み切りミステリー漫画のアイディア

今回は、以前にいただいた質問についてです。 質問: 「読み切りでミステリー漫画を描く場合、どんなアイディアがいいですか?」 回答: ミステリーというのは、人気ジャンルなので かなり多くのアイディアが …

ストーリーにドラマを練り込む方法

漫画でストーリーはテンプレート などを使ってできているけれども、 「なんだか単調だな!」 という場合があります。 単調な漫画というのは、面白い面白くない 以前の問題で、最後まで読んでもらえません。 な …

ピーク・エンドの法則を利用したストーリー作り

あなたは、「ピーク・エンドの法則」 というものをご存じですか? ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授 によって提唱されたもので、簡単に言うなら、 「最高」と「最後」の瞬間こそが、 人間の …

読者の欲求に応えるストーリーを作る

いくらストーリーやキャラを作っても それが読者が望んでいる欲求に応えて いなければ、面白いとは思ってもらえません。 だからこそ、読者が漫画に対してどんな 欲求があるかということを知ることは 重要なこと …

漫画の中の「死」は取り扱い注意の劇薬!

漫画のストーリーを考えていると、 登場人物を殺したくなることって ありますよね。 もちろん、 ストーリーを盛り上げるためですよ。