漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

設定の考え方

良いアイデアを出す方法

良いアイデアを出そうと思っても
なかなか出ないことがあります。

そんなときに限って、

消したい考えが、頭の中で、
ぐるぐるめぐっていることが、多いものです。

どうしたら良いのだろうと、悩みます。

それで、

消したい考えを消すための方法を、
いろいろな方から、学ぶようになりました。

その中で、良く実践している、単純な方法は、
頭の中にある、消したい考えを、
全部、書き出すようにしていることです。

「考えるほど重要ではないこと」
「考えれば考えるほど、元気がなくなるようなこと」
「考えたからといって、全く解決されないこと」

それらは全て、頭の中のゴミと言っても、
いいかも知れません。

頭の中にゴミが多いと、
本当に思考が必要なときに、
クリアに考えることはできず、
いいアイデアも浮かびません。

そして、心で人生の豊かさを味わうことから、

どんどん、遠のいていってしまいます。
頭の中に、入り込んでいるデータを、
一旦全て頭の外に出して、
紙やパソコンに書き出すのです。

そして書き出してしまったものを、
もう一度、しっかり見つめて見ましょう。

しっかり見つめるだけで、
心の整理がつきます。

そして、それを頭の中から追い出すということを、
自分に明確にするために、
紙に書いたものだったら、
くしゃくしゃにして、それをゴミ箱へ、
パソコンで書き出したものだったら、
やはりゴミ箱に捨てるか、
ゴミ箱と書いたファイルへ保存します。

そして、もう安心して、
全て忘れてしまうのです。

忘れることができると、
今度は良いアイデアが生まれます。

しかもそれも、紙に書き出したら、
不思議と、頭で「ああ、しないといけない」と
思い続けて、のびのびになっていたことが、
あっという間に、片付いていくではありませんか。

ですから良いアイデアも、
頭の中に、溜めこんではいけない、
ということですね。

毎日、思いついたものは、
すみやかに頭の外に出して、
つまりどこかに書いて、
そして、忘れるべきなのです。

アイデアは外にだすまで、
モヤモヤしていて、具体性にかけます。

アイデアは外にだすまで、

良し悪しを、客観的に判断できません。

アイデアは外に出すまで、
頭の中に、居座りつづけます。

アイデアは外に出すまで、
「次のスペース」が生まれません。

そして頭が空っぽの時に、
次の斬新なアイデアが生まれます。

とにかく、紙に書き出す、

または、パソコンに書き出す、
というこの単純な作業から、
始めてみてはいかがでしょうか。

○今回の新人賞を獲るポイント
「浮かんだアイディアは書き出そう!」

-設定の考え方

執筆者:

関連記事

no image

常識を深く考えて新しい発想を出す

設定やキャラクターが漫画にとって重要なことは すでにあなたも知っていることでしょう。 でも、結局のところ出てくるアイディアというのは、 ひどく常識的な、 「どっかで見たことのあるもの」 になっているの …

no image

読まないとストレスになる漫画を描く

今回は、あなたの漫画を「読まない方がストレス」と、 読者に思わせる方法についてです。 僕は、日々読むべき本や学ぶべき教材、 資料などが山積みになっている状態が、ずっと続いています。 本来、「漫画作成に …

no image

誰の為の漫画か?

あなたは、自分の描いた漫画をどんな人に 読んでもらいたいかということを考えていますか? もし考えていないのなら今回の話は めちゃくちゃ役に立つと思います。 どんな読者に読んでもらいたいかによってストー …

no image

読者を熱中させる心理学

今回は人は何に興奮して熱中するのかという話です。 人を熱中させるには「浮き沈みの大きさ」が重要といわれています。 心理学では、不定率強化といわれています。 浮き沈みが激しく、報酬を得られるときもあれば …

no image

漫画を描く前の準備作業してますか?

これは初心者が漫画を描く時に、けっこうありがちな間違いです、、、 それは、、、 描く前の作業を十分にやっていないと言う事。 漫画を描くと言われれば、「描く」ことそのものだと思われますが、 実際はそうで …