体験記

感じやすいS級美女のKさんが絶叫して、2回戦へ突入した体験記

・なぜこんな美女が?って思った

PCMAXで最近出会ったS級の美女との体験談です。
この美女の名前はKさんです。

5月の中旬にKさんからメールが届きました。
「やっほーい!女性からメール届くなんて、レア~」

すぐさまプロフィールを見たところ年齢は37歳、
かなり詳しく書いてあります。
こういった女性は本気度が高く、期待ができます。
利用目的は「何となく」となっていました。

不倫とかセックスフレンドとかを期待してしまっていたので
ちょっと拍子抜けしました。

でもこっちのプロフ見てメールして来たんだから、
絶対欲求不満でセックスを期待していると確信して
「プロフ見て気にいってくれたみたいなので近いうちに会いたいね。」
とメールの返信をしました。

・やっぱり気持ちは同じでしょ?

何度かメールのやり取りをしたところ、
Kさんは既婚で子供が1人いて現在は義理の父母と4人暮らしで、

旦那は3年前にから単身赴任で2.3ヶ月に一度帰って来るそうですが
ここ2年間はセックスレスとの情報を得ました。

またお酒もまあまあ飲めるといっていたし、
近々会おうっていう話にもなってたので

週末に会って飲みたいねって誘ったら、
来週の金曜日にして欲しいとの返事。

「えっ、何で? 今週末はなんか用事あるの?」
って聞いたら困った様子だったけど
「今生理中だから」
てメールの返信が来ました。

やっぱりKさんもエッチなことかなり期待してるんだなぁ~と。

Kさんの希望どおりやっと会う日が決まり、
18:00に某所で待ち合わせ。

こっちは仕事の帰りだから紺のスーツで行くと伝えてあります。

Kさんは白のミニスカートとのことで待ち合わせ場所に行くと
プロフどおり身長165㎝、
髪型はショートのワンレンですぐに分かりました。

・大興奮の美女。大当たりだー

会った瞬間、セレブ系の美人でしかも
バストはふくよかでウエストも締まっていて
スタイルも良くビックリしました。

印象的だったのは唇がプルプルでかなりセクシーだったことです。
今まで会った中で最高レベルです。
興奮MAX!!!!

小躍りする感情を抑えつつ、
とりあえず近くの居酒屋でいろいろ話をしました。

お酒も入って話もエッチな内容になってきて、
そろそろ次行こうか?
とKさんに言うと、
恥ずかしそうにウンとうなずいたので居酒屋を出て
タクシーでラブホに直行しました。

ラブホの部屋に入って
一緒にソファに座りHビデオを見ながら話しをしていると

Kさんは自分のことを、
凄く感じやすくテレビで
キスシーンを見るだけであそこがすぐに濡れてしまう、
と言う。

右手で肩を抱きよせキスをして
お互いの舌を絡ませながら左手で胸を軽く揉んでみる。

Kさんは「うっ……」という声をもらす。

左手をスカートの中に持っていくと体を仰け反らし、
パンティの上からでもわかるほど湿っていた。

・めっちゃ濡れるやん、素敵やん

一体この中はどうなってるんだろうと思いつつ……

ソファではここまでにして、
「一緒にシャワー浴びようよ」
って誘ったら別々でと言うので自分が先にシャワーを浴びて
Kさんが出てくるのをビールを飲みながら待機。

待っている時間がとても長く感じられた。

Kさんはバスローブ一枚で出て来てベッドに腰掛けました。
部屋の明かりを薄暗くしてから無言で押し倒してバスローブを剥ぎとり、
お互いに全裸でベッドの中央に移動します。

ディープキスをしながら愛撫を開始。

耳の穴に舌先を入れたり、首筋から脇の下、
脇腹へ唾液で唇を滑らせ舌を回しながら丁寧に愛撫すると
「あっ、あっ」
と喘ぎ声が……
次第に大きくなっていきました。

両手でオッパイを揉みながら
乳首に吸い付き甘噛みしたり、
舌先でレロレロすると顔を歪ませながら大胆に乱れ、
快楽に浸っているようなので時間をかけてオッパイを攻め続けました。

しばらくして攻め所を下半身へと移動。

膝から太ももの内側の柔らかい部分を舐めたりして焦らしています。

この時点ではオマンコには指一本触れてません。

多分いつ来るんだろうと思っているはずです。

・超じらす作戦で、美女を堪能する

もうちょっと焦らしてから舌をだんだんとオマンコに近づけていくと
喘ぎ声が大きくなっていき、
息使いも荒くなっていくのが分かりました。

オマンコの周りはすでに愛液でベチャベチャの状態で
オマンコの割れ目に沿って下から上に舐め上げると
「あっ」
という声を出して腰がビクビクとして、よがり声を出していました。

さらにオマンコを縦舐めしつつクリトリスを甘噛みしたり
舐め回したりビラビラを両手の指先でつまんで広げて
モモンガのようにして中に舌先を出し入れしたりして攻めていたら、
「いきそう、いきそう」

と悶えながら叫ぶように喘ぎだしたので
手マンでGスポットを刺激しながら舌先でクリトリスをペロペロしたところ
「ダメ、ダメ、イクッ、イクッー」
と叫んで昇天してしまいました。^ ^

今度は自分がせめられることになり、
ベッドの中央に仰向けになってKさんが乳首を吸ったり、
舐めたりしています。

Kさんの手をとり、ペニスを握らせると
「わっ、大きい」と言われ、
旦那のより大きいの?
と聞いたら「うん」とうなずきました。

・大きいって言われるとちょっとテンション上がる

Kさんの顔がだんだんと股間に近づいていき、
意外にも玉から舐められました。

玉をペロペロしたり、
玉を咥えて舌で転がされたりとても気持ちがいい。

その後は、反り立ったペニスをジュルジュルっと
手放しフェラでピストンしながら舐めしゃぶられ、
いやらしい舌使いでチロチロと亀頭やカリを舐めまわす様子は
卑猥すぎてKさんの舌を目で追ってしまいます。

そろそろ入れて欲しいという意思表示なのか?
Kさんがペニスにコンドームを装着してくれました。

ペニスが欲しくて欲しくてたまらないと言わんばかりの濡れ濡れのオマンコ
そそり立ったペニスを正常位からゆっくりと挿入すると
意外にもツルっと根元まで入ってそのままグラインドさせると、
Kさんは苦しそうに悶絶しながら快楽を感じているのが分かります。

正常位から深山(足をV字に開き、高く持ち上げたままインサート)に変えて、
深く突いてやるとまたイキそうになってきています。

おおおっ……
Kさんのオマンコもすごい締まりのよさです。

・なんて気持ちよさ、旦那さんなんでしないの?

だけどまだこれぐらいじゃ、イキません。

今度はペニスをヌルヌルと抜き、
完全に抜けきる手前でまた奥まで挿入し、
また引き抜き……

という動きを始め、
その勢いを徐々に激しくしていきました。

二人の体がぶつかり合い、パンパンパン……
と拍手のような音が部屋の中に響きはじめました。

この時点でKさんは絶叫し2回目の頂点に達しました。

体位をバックに変えてこっちも射精モードに入ります。

腰を手で固定しピストン運動をゆっくり始めて
徐々に激しくしていくとKさんは3回目の頂点に達して、
その後すぐにこっちも発射しました。

膣からペニスを抜くとコンドームが精液の重みで垂れ下がっていました。

1回戦を終えて一緒にバスルームへ行くと
Kさんは、旦那意外の人とこんな事したこと無いのよ、
初めてなんだからと言う。

何となく多分嘘はついてないと思える。

・もう一回戦いけるか?

ソープを泡立てた手のひらで、
優しく包み込むように全身を洗ってくれて
シャワーで泡を流してくれました。

Kさんは今日は帰りが遅くなっても大丈夫だよ。
と言って、萎んでいるペニスを口に頬張ると上目遣いでこっちを見上げています。

「じゃあもう一回やる?」

って聞いたら、ペニスを咥えたまま嬉しそうに
「うん」
と答えました。

ベッドに戻って、
シックスナイン→騎乗位→松葉崩し→正常位
と2回戦も終えました。

別れ際Kさんからまた会ってね
って言われ最高に嬉しかったです。

-体験記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生まれて初めて出会った名器を堪能!Kさん

●今まで一回もイッたことが無い 「性感マッサージに興味あります」と。 という女性をゲットしました。 何回かのメッセージの後、ランチデートとなりました。 ご自身も言うとおり、普通の主婦でした。 エロくな …

18才専門学生の締まりの良さに驚きのSEX体験

・若い女子ってやっぱり良いよね たまにエッチをしていたポチャポチャ体型Fカップ女性Bさんの話です。 その女性とは、マッチングアプリ(Jメール)で知り合ったのですが、 当時18才で医療事務専門学校に通っ …

看護師とSMルームでのエッチで大洪水を初体験

・相性の良かった彼女 マッチングアプリ(イククル)で知り合って、 何回かお会いした女性です。 当時23才の看護師のプチポチャ Eカップでお椀型美乳おっぱいの女性との話です。 ほんとにすごい美乳で、ずっ …

出会い掲示板で待ち合わせえたらギャル風の美女OLだった!

PCMAXの掲示板で出会った女の子がまさかの超美女 ティーバッグって人前で言えない。。。すするです。 こんにちは、 PCMAXで出会った人とワンナイトカーニバルではなく、 交際していたことがあります。 …

生理になった女性に海綿を詰め込んでSEXした話

●女性が整理になった。でもSEXしたい。。。 どこかに穴が開いていると、指を突っ込みたくなる、すすむです。 こんにちは、 今回は、昨年の10月から今年の1月までセフレの関係だった24才の女性の方の話で …