SM

SかMかまだ分かりません!っていう人に読んでほしいサディストに関する考察

SとMは表裏一体!サディストを知れば自分のタイプが分かる

Sッ気があるってことに最近になってやっと気が付いた、すするです。
こんにちは、

今回はサディストに関して考察していきたいと思います。

僕はSッ気があるのでMの人のことに関しては色々考えたことはありますが、サディストに関してはあまり考えたことがありませんでした。
なので今回はSに関して考察したいと思います。

サディストという仰々しいワードを使っていますが、簡単に言えば皆さんご存知の通り、Sのことです。

SもMと同様にその属性は一種類には纏められないと思います。

サディストの4属性

基本的には①服従②凌辱③羞恥④苦痛の4属性に分けられるのかなと思います。

簡単に言えば、

①相手より上の立場に立って優越感を得て興奮する服従系
②相手を「犯している」という状況に興奮する凌辱系
③相手を辱めていることに興奮する羞恥系
④相手に苦痛を与えることによって興奮する苦痛系

だと解釈して下さい。

この4属性の優先順位によって、その人のSのプレイ内容は変わってくると思います。

例えば、僕の場合は服従>凌辱>苦痛>羞恥の順番だと思います。

また、S自体も上記の4属性とは別に下記の3パターンにも分類されると思います。

①自称S

→AVの真似事で「これがいいんだろ~?オラオラ!」と言う感じのプレイ、もしくは相手の気持ちは関係なく自分がしたいことをするのがSだと勘違いしているパターンのS。Mの人曰くこういうタイプの方は結構いるそうです。

②普通のS

→自分がしている行為で相手が興奮していないと自分も興奮しないパターンのS。
これが一般的なS。
むしろ、相手がして欲しいことを考えてしてあげることが多いため、サービスのSとも言われるそうです。
相手が興奮することが自分の興奮に繋がるので、結果的に相手がして欲しいことしてあげることが自分に対しても一番のメリットになるので。

③真性のS

→相手が性的興奮していない場合でも、悲痛の表情や無様な様子、傷だらけの姿を見て性的興奮を覚える異端のS。
かなりヤバイやつ。所謂サイコパス。

僕自身は②のスタンダードなSのタイプだと思っています。

自分がすることによって相手が興奮しないと決して僕も興奮しませんし、むしろ本気で嫌がっている姿をされたら凄く萎えてしまいます。

相手がノーマルだとこっちもノーマルなプレイに合わせますが、やはりそれでは満足できないためMな人とが一番合います。

③のパターンになることはないと思うのですが、①のパターンには自身の慢心により知らず知らずの内になってしまう可能性があります。

そのため、今後とも独りよがりのプレイにならないように相手との対話を重視して気を付けていきたいと思います。(‘_’)

Mに関しての考察まとめ

Mに関しての考察を纏めたいと思います。

なぜMに関して考察を始めたかというと、「私はMです」っていう人にも様々な趣味趣向があり、MをMと一纏めにできないなと思ったからです。

そこで様々なMの方と対話や行為を重ねて自分なりの考えを纏めた結果、下記のような結論なりました。

【結論】

・Mは1種類ではなく、一纏めにはできない。
・Mは4つの要素で構成されており、その要素の多さ少なさによってその人 のMのタイプが決定される。例えば、要素①と要素②は多いけど要素③ と要素④は少ないMであるとか、要素①は普通で要素②は全然だけど要 素③と要素④は多いMであるとか。
公文のように子供の数だけ答えがある、というようにMの数だけMがあ るみたいな感じです。笑
ただ、完全に一人一人違うかと言われるかと言うと難しく、ある程度同 じような趣味趣向のMは沢山いると思われます。

【概要】

僕の今までの調査の結果、基本的にMの人は下記4つの要素で構成されていると考えました。

①服従系
自分が相手に服従すること行為や状況に興奮。
例:主従関係、命令、見下される

②凌辱系
自分がまさに「犯されている」という行為や状況に興奮。
例:拘束、疑似レイプ、許容できる範囲で乱暴に犯される

③羞恥系
自分が恥ずかしめられる行為や状況に興奮。
例:人に見られるかもしれない状況でのセックス、自慰を見られる

④苦痛系
自分が痛めつけられる、もしくは苦しめられる行為や状況に興奮。
例:首絞め、スパンキング、噛みつき

この上記4つの要素(服従、凌辱、羞恥、苦痛)で、その人のMの属性が決まるのかなと思います。

ただ、注意点としては一概にどのタイプとは言えないところにあると思います。

これは結構適当なイメージなんですが、下記要素にポイント(下記の例では最大で☆5つ、最低で☆1つ)が振られており、それによってどういうタイプのMなのかが決定されるのではないかと思います。

RPGゲームのパラメーターみたいなものだとイメージして頂けたら、理解しやすいかと思います。
なので、僕のMを構成するイメージとしては下記となります。

■服従がメイン、凌辱がサブのM
服従:☆☆☆☆☆
凌辱:☆☆☆☆
羞恥:☆
苦痛:☆☆

■苦痛がメイン、服従がサブ
服従:☆☆☆
凌辱:☆☆
羞恥:☆
苦痛:☆☆☆☆☆

みたいな感じのイメージです。
全部☆5つっていう人はいないと思います。

また、何が好きだったら☆の数が多いと判断できるのかという話ですが、正直明確な判断基準はありません。
極めて感覚的で主観的な判断だと思います。

誰か国際ルールでも作ってくれたら楽なんですけどね。笑

また僕がSなのでSに関しては考察していませんが、「SとMは表裏一体」という言葉があるように、恐らくこれはSのタイプ分けにも使えると思います。

ちなみに僕は服従がメインで凌辱がサブって感じで、苦痛と羞恥は少しだけって感じです。

Mの人でも自分がどのタイプに興奮してどのタイプにはあまり興奮しないかを把握していない人が多いと思います。

これをきっかけに是非とも自分と向き合い、自分のMパターンに関して考えてみて下さい。笑

~余談~

Mの要素は4つと言いましたが、個人的にはもう一つあるのかなと思います。それは、奉仕系です。
これは相手に何かしてあげたくて、それをすることによって自分が満たされる系統です。

これは一見服従系と似ていますが、服従系は相手に言われてする強制的行為に興奮することに対し、奉仕系は自分からする自発的行為に満足して興奮します。
ただ、僕自身が奉仕タイプに特化したMの人とあまり接したことがなく、かつこれはMなのか?という疑問があったため、とりあえずMの構成要素から取り除いています。

しかし、今後の研究次第では構成要素入りの可能性もあると思っています。

-SM

執筆者:

関連記事

電動ピストンディルドで子宮やマンコが壊れる?

子宮が壊れる~!って掻き回されたM女の連続イキは尋常じゃない いただくメールの質問で 「アソコが壊れませんか?」 「(壊れちゃいそうで)怖い」 と、いただきますが… 壊れません(><) 壊 …

アナル処女への拡張調教はキシロカインゼリーに始まる

キシロカインゼリーをアナルに塗り込むと初めての挿入でも痛くない 久しぶりにキシロを入手してみた。 今回は私自身がアネロスでアナニーを試すためだが以前はアナルファックの為に持っていました。 アナル調教に …

誰でもデカチンになれるペニスサックの効果

柔らかい素材で出来た透明なペニスサックで 色々なサックやペニバン、コンドーム、竿や亀頭に装着するアタッチメントとか使ってきましたが、膣の中で外れちゃって行為の後に指で掻き回し取り出した事がある方や私み …

アナルにフックを突き刺し、鼻フック、そしてマンコにディルド

肛門に鉄フックを突き刺すSM調教目次1 肛門に鉄フックを突き刺すSM調教1.1 二つ玉アナルフックが届きました1.2 手枷、足枷、腿枷…1.3 腰枷… 暑中見舞い申し上げます。 酷暑が続いています、お …

グリセリン浣腸時の体位と注意点についての忘備録

性具☆グリセリン+人肌の牛乳か湯水目次1 性具☆グリセリン+人肌の牛乳か湯水1.1 グリセリン浣腸時の体位と注意点についての忘備録1.1.1 立位でのグリセリン浣腸は危険1.1.2 グリセリン浣腸時の …