出会い系

シングルマザーが出会い系サイトの援デリ打ち子で生きている実態

女性のアソコの味はいつも違う気がする、、、すするです。
こんにちは、

19歳以下の子どもがいる母子家庭の貧困率は57%とも言われています。
今回は、そんな出会い系で会ったシングルマザーの実話と実態です。

シングルマザーが売春組織へ参加する闇

話を聞いた出会い系で売春をするシングルマザー達の生活は、表向きには破綻していないが、実質的にはすでに破綻してしまってる場合がある。

これは「隠れ破綻状態」とでもいえる微妙な状態なのだ。

彼女らは、すでに子供を福祉の手に委ねているようなケースは別として、ほとんどが子供を学校に自宅から通わせ、贅沢はしないまでも三食と衣類を賄い続けている。

出会い系を使った収入では間に合わずにカードローンなどで多重債務状態に陥っている場合もあるが、それを地元住民や子供の同級生の親たちに知られることや噂されることを恐れなんとか体裁は整えている。

一方で彼女らの恐れる「目に見える破綻」とは、貧窮を理由に子供を児童養護施設などに入所させること。
生活保護を受けそれが周囲に知れること。
または借金を返せず迎える自己破産だ。

だが彼女らは、こうした目に見える破綻をなんとかギリギリで免れている。

これを「隠れ破綻」と言わずに何と言おうか。
虚栄といえば身も蓋もないが、多くの子供が差別やイジメを受けないように、子供の将来のために粉骨砕身の思いで、目に見える破綻を防いでいる。

隠れ破綻状態を続けるために、出会い系サイトという「非常に匿名性の高いツール」での収入に依存することもまた、つじつまが合うのだ。
逆説すれば、隠れた収入である「出会い系サイトでの売春行為」が隠れ破綻を成立させているということか。

4人と愛人契約をしている母親

もう一人の話を聞けた女性はこの「隠れ破綻者」の典型だった。

「うちの子はスポーツをやってて、今年全国大会まで勝ち上がったの。すごいでしょって言っても私がすごいわけじゃないけど、私も陰ながら頑張ったんだからさ。こういう子供だとお金もなんだかんだとかかります。全国大会じゃ遠征だし。でも高校は間違いなくスポーツ推薦とれるから、親孝行な子なのかな」

子供のことになると俄然元気な声で話すのだが、数年前の夏ごろから仕事が減り、現在はパート掛け持ちで月収十数万円ほど。
そしてすでに多数のカードローンを限度額まで使った多重債務者だ。

初対面では一見パワフルなお母さんに思えたが、実際小柄な控えめムードで実年齢よりずいぶん子供っぽく見える女性だった。
出会い系サイトでは「定期で会える人」とい形で募集し、現状でも愛人契約をしている相手は4名

一人から月に3万円ほどをもらう代わりに、男から呼ばれれば必ず予定調整して会いに行かなければならない。
そして、パートと同じほどになるというその収入は全力でローン返済に回される。

だが、たとえ多重債務者でもたとえパートの月収がさらに減っても、生活保護受給という選択肢はありえないという。

「絶対ないですね。生活保護を受けたら、子供がスポーツを続けられなくなるでしょ。合宿も遠征も『贅沢』扱いでしょ? 毎日毎日何年も休まずに練習してきた子供の努力も、サポートしてきた私自身の努力も、全部無駄になっちゃうから。」

「スポーツでやるとこまでやって、挫折するならするでいいの。けど親の問題で挫折したら・・・・。それに比べたらあたしの犠牲なんてあってないようなもんです。母親ってそういうものだと思います。私は、せめて子供が高校卒業するまで借金で借金を返し続けて、そのあとはもう自己破産でもなんでもいいや。そこまでは、絶対に破綻しないように頑張るんだから。もちろんそうなる前に再婚できたりしたらいいけど・・・・」

他の話を聞けた女性と比較するとあまりにパワフルで、かなり特殊なタイプではあるが、なるほどこれは「虚栄」ではない。
これだけパワフルでありながら、やはり精神科通院を続けているというのも、また「隠れ破綻」といえる点か。

だが、本格的な破綻と紙一重の状態にあるのは言うまでもないし、現在すでに多重債務状態にあるのに、さらに子供の卒業までをしのげる可能性はいかほどあるのだろうか。

出会い系の収入を安定させるために「定期・愛人」というポジションを得たが、これとて4人との関係を継続させているのが奇跡的だし、地元住民や子供の同級生の親などに売春がバレれば、それこそ生活保護受給者に向けられるどころではない差別が彼女と子供たちを押しつぶすだろう。

まさに綱渡り状態の崖っぷちだ。

全身全霊を投じて隠れ破綻生活を続けている彼女に「いっそ堂々と破綻してしまえ」などと、どうしたら言えるというのか・・・・。

援デリ打ち子のシングルマザー

援デリ打ち子の彼女から詳しい話を聞いた場所のファミレスは、深夜になるとちょっとした素性不明の男たちの溜まり場になるようだった。

金のアクセサリーをジャラジャラさせた金融系の男に、ブランドジャージの親分風や、こんな時間からスーツ姿で商談を始めるやくざ風の中年。

ちょっと気の弱い女性なら席を立って距離を置くか店を出ようとする環境の中、平気で彼らの机にぶつかりながらドリンクバーを取りに行く彼女もやはりただものではない。

だが売春をしつつ子供を育て、いまもいつ警察沙汰になるかもわからない援デリの打ち子業を続ける彼女自身出会い系の男たちに嫌というほど傷つけられてきた。

「私も出会い系でいい人が見つかれば、再婚とか考えた時期ありましたけど、まあ子持ちじゃあ絶対無理ですね。というか、出会い系に出入りしている男と再婚は、ちょっと私が無理かも。(売春ツール系)の出会いの男を全体で見ると、まず未成年限定狙いが1割ぐらいで、あと8割が20代前半リミット。残りの1割は年齢不問とパパ専(中年女性好き)と変態さんですね。気の弱いサラリーマンみたいなのが多いって思うでしょうけど、全然そんなことなくて、裏社会の人間が結構いる。逆にオタクみたいなのは少ないんじゃないかな」
と語った。

つまり彼女によると、20代後半世代以降OKというのは全体の1割程度ということ。

変態さんというのは、SMなどの性癖の持ち主でパートナーを募集しているケースや、自らの性交を写真や動画に収めてコレクションすることを趣味にしている「ハメ撮り師」だ。

前者はこういう場でなければパートナーが見つけられないようなハードなSMマニアや「調教師」と言われる人種で、後者もコレクションとはいっても実害が多々あり、撮られた写真などが
「彼女とのハメ撮り・不倫相手の淫乱女」
などとして投稿雑誌や動画サイトに売られたり勝手に送られて、掲載されてしまうこともある。

一方裏社会の人間の場合、多くが若い世代狙いで、この場合は最初は金を払う関係から恋愛関係やドラッグなどで虜にして、最終的に売春の収入をピンハネすることを狙っているヒモ予備軍がほとんどだ。

実は彼女自身も出会い系で逢った男から組関係の紹介を受け、現在の自分のチームの母体となったグループを引き継いだ経緯がある。

彼女曰く
「まあ私はまだ三十路前だから比較的酷いことになっていないけど、女の子(チーム員)の話を聞いていると、(出会い系の男は)本当にサイテーだって!まず多いのがバックレですが、待ち合わせ場所に来ないならまだいい。待ち合わせ場所で女の顔を見て『あんたその顔で金取んの?』なんて笑って逃げたり、蹴ったり突き飛ばして逃げたり。そんなのに何度か遭っちゃったら病気になっちゃいますね」

「あと怖いのがホテル入ってから豹変する客。刃物出して脅してヤリ逃げとか、脅して何時間も監禁してヤリ逃げとか、実際暴力のことも多いですけど、こっちも被害に遭ったからって警察に行けるわけがないじゃないですか。警察行って『出会い系で1万円で約束した人が逃げた』って言えないですよね?絶対的にこっちが弱いのわかっていてヤリ逃げとか半ギレ状態でゴネて値切るとかは、中年のオヤジに多いんです」

「だからみんな、ケツをつけたくなるわけで・・・・。あと他の業者から聞いたのが、わざとこっちに失礼なこと言ったり痛がるようなことをして、怒らせて反応を見るタイプの男。これはある程度地元で力のある組関係者の遊びらしいんです。どこまでやったらケツ出すかな?ってね。出したケツがその男の組織より弱かったり格下だったら、難癖つけてワビ料貰おうって絵を描いているわけなんで、うちのこたちにもそういう男が出てきたら泣き寝入りしてくれって警告しました。ID管理して次は絶対回さないようにするからって」
と語る。

ケツがついているからといって「最強」ではない

彼女のチームのキャスト女性でも監禁などの被害に遭うことがある。

その場合は、ケツの組員に頼んでホテルの下に待機してもらい、出てきたところを男を捕らえて説教・ワビ料の請求となるとのこと。

だが、看板持ちのヤクザがクシャミしただけででも即逮捕されてしまうようなこの世の中で、監禁中のホテルの部屋に乗り込んで救いに行くこともできなければ、しらばっくれる男や警察行くぞなどと男から無理にワビ料を奪うこともできない。

結局は、女性の泣き寝入りが増えるばかりだという。

こうなると、ちょっとしたSM趣味を持っている程度の男であれば、上客に見えてくる。

うわべで優しくされるだけで、その人がとてつもなくいい人に思えてきてしまうのだと、彼女は言う。

「だからうちの子でも、色恋(彼女から紹介された客と恋愛関係になること)はやめてっていっても、口説かれて一瞬彼女みたいになって、傷つけられて戻ってきて、泣くんです。みんな寂しいから、少しでも優しくされたいから」
と彼女は言う。

こんな女性の弱さを心理的にサポートしてあげられるからこそ、彼女はチームのリーダーで居続けることができるのだろうか。
だがバックがある組織売春の女性すら、こんな状況なのだ。

孤独な出会い系のシングルマザー達は、どれほど悲惨で切ない思いを積み重ねてきているのかは計り知れない。

「出会い系にもいろいろありますけれど、普通の一般的なやつは、やっぱり子持ちとかって時点で返信ないですよね。だから私なんか、基本的に子供はいないことにして、男と逢っていた。でもそんなのいずれバレるしね。言われたことあるよ。子持ちってことは、一緒になったら自分の子じゃない子供に数百万の金を出せるのかってことだって」

「そう考えたら、出会い系で1万円じゃ高いとかなんとか言っているような小っちゃい糞みたいな男ばっかりのなかで、期待するほうが間違いなんですよ。まあそんな太っ腹な人は、きっと出会い系なっかで女探したりしないで、別のどこかにいるんですよね」

そんなことを言っていた彼女もその後、この仕事からはキッパリと引退したと聞いている。

-出会い系

執筆者:

関連記事

PCMAXで効率的に出会うコツ完全マニュアルを書いてみた!

PCMAXって本当に出会えるの?詐欺じゃないって思っている人に読んでほしい目次1 PCMAXって本当に出会えるの?詐欺じゃないって思っている人に読んでほしい1.1 出会い系サイトの構造的な問題点1.2 …

出会い系サイトの実態と誰でもできる攻略法

誰でも出会える正しい出会い系アプリの必勝法目次1 誰でも出会える正しい出会い系アプリの必勝法1.1 ・無視されるメールの例1.2 ・メールに何を書くか1.3 ・女性との会う約束の仕方1.4 ・有料出会 …

女性が返信したくなるモテメールの書き方!最強メール術

レモンとニンジンを一緒に食べると媚薬になるらしい、すするです。 こんにちは、   今回のテーマは女性が返信したくなる「最強メール術」です^^。 せっかく出会い系で女性とメールのやりとりができ …

出会い系アプリで知り合ってお付き合いに至る実体験を解説してみた

会ってセックスできた女性の3人の事例を紹介!!目次1 会ってセックスできた女性の3人の事例を紹介!!1.1 出会うことができた3人の事例紹介1.2 余裕のある態度でメールを送ることが重要1.3 出会う …

出会い系の自己PRってどれくらいホントかのか?と内容の傾向

出会い系の自己PRって、みんなどんな内容を書いているの? アナリスト。なんかわからないけど、ヤバい。アナリ・スト。すするです。 こんばんは、 出会い系サイトは”自己PRはあてにならない”です。 正直、 …