マッチングアプリ

東京の高級交際クラブで出会える20代女性との契約実態


精子を飲むと肌が綺麗になるって女の子が言っていた、けっこう栄養あるみたい、すするです。
こんにちは、

今回は、知らない人も多い、会員制高級交際クラブの実態についてです。
アプリで知り合った女性から聞いた話をドキュメンタリータッチで紹介します。

会員制の高級交際クラブで行われているセックス契約

東京にある国内最高級ホテルのプレミアムタワーフロア。
窓外には、超高層ビル群と皇居を見下ろせる絶景が広がる。

都会の喧騒から隔絶された地上30階の静かな部屋の中で、彼はノートパソコンの画面を見ながら思案に耽っていた。

時刻は夜の23時30分。

ワーカーホリックな彼はベッドに入るギリギリまで仕事をしていないと落ち着かないのだ。

紫檀のデスクの上で充電中のスマホのランプに反射して、薬指から外された指輪が光っている。

彼は、首都圏の有名国立大学在学中にIT関係の事業で起業。

同世代の起業家がポータルサイト構築やSNS、動画配信といった話題性のある事業に走る中、彼は話題性の乏しさ、利幅の薄さゆえに誰も見向きもしなかったニッチな分野をターゲットに定め、長い時間と努力を費やしてマーケットを単独で制圧。
この分野の勝者となった。

経験者にありがちな自己主張の塊のようなギラギラしたタイプではなく、物静かで控えめな学者肌の男だ。
起業家というよりも、人文系の大学院生のような印象を受ける。

パタンとバスルームのドアが開く音で、部屋の静寂が破られた。

素肌に真っ白なバスローブをまとって出てきた濡れた髪はセミロングでスレンダーな女性は、170センチ近い高身長で、ローブの隙間から上気した張りのある豊な胸とスラっと伸びた白い脚線美がのぞく。

彼女は27歳。
彼と同じ国立大の経済学部出身で、大学院で修士号を取得した後、外資系監査法人に勤務している。

今日は残業を終えた後に彼とホテルロビーで合流し、ホテル内の高級日本料理店で夕食を取った後、この部屋でベッドを共にした。

独身の彼女は仕事で残業で深夜に及ぶこともあるが、その合間を縫って海外留学とキャリアアップのための勉強時間も作っている。
今日も、自宅に帰ってから机に向かう予定だという。

髪を整え服を着た彼女は、終電に間に合うよう、あわただしく帰る準備を始めた。

「今日はお忙しい中、ありがとうございました。とても楽しい時間が過ごせました。次回はもう少しゆっくりとお会いしたいですね」

そういって、彼は彼女との別れ際にデスクの引き出しから封筒を取り出し、彼女にさりげなく手渡した。
封筒の中には、1万円札が5枚入っている。

彼女は満面の笑みでそれを受け取ると、礼儀正しくお辞儀をして部屋を後にした。

さて、この二人は一体どのような関係なのだろうか?

大学の先輩と後輩のカップル? というわけではないだろう。

恋人同士であれば、別れ際にお金を渡すようなことはしない。

だとすれば、不倫の関係? それとも高級デリヘルの新業態なのだろうか?
答えはいずれもNOだ。

彼と彼女は、会員制の高級交際クラブで出会ったカップルだ。
二人の関係は、風俗で働く女性と男性客の関係でもなければ、売春における売り手と買い手の関係でもない。

言うなれば、「売春以上、恋人未満」の個人間セックス契約である。

仕事の合間を縫ってお互いの都合の良い日時に食事やデートを行い、その見返りとして、男性側が女性側に対して事前に契約で決められた対価を支払う。

不特定多数ではなく特定の相手だから売春ではない

この関係は、一見すると単なる売春に思えるかもしれない。
しかし売春防止法によれば、売春の定義は「対償を受け、又は受ける約束で不特定の相手方と性交すること」(第1章第2条)をいう。

つまり、金銭や物品を介した性的関係であっても、「不特定多数」ではなく「特定少数(もしくは単)」の相手と行うのであれば、それは売春ではないのだ。
経済的・精神的に自立した成人の男女が、双方の合意に基づいて結んだ安全かつ対等な関係であるのならば反社会性もない。

会員制の高級クラブは、こうした個人間契約を求める男女をマッチングしてくれるサービスである。

登録にかかる費用は、多くの場合女性は無料、男性は数万~十数万と風俗に比べれば高額であるが、登録に際しては、男女共に面接や書面による審査、身分証明書の提示が必要になるため、身元の確かな相手と一定の信頼関係の上で契約を結ぶことができる。

彼は、5歳の息子がいる結婚7年目の既婚者だ。
1~2か月に1回程度、仕事の合間を縫って彼女と食事を共にし、身体を重ねる関係を続けている。

「妻と子供がいるのに、なぜと思われるかもしれません。詭弁に聞こえるかもしれませんが、妻と子供がいるからこそ、なんですよ。つまり、不倫をして家庭を壊したくないからです。仕事柄、社内外で多くの女性と出会う機会があるのですが、私自身女性に惚れっぽい性格なので、浮気や不倫をしてしまう恐れがある。それによって仕事や家庭に支障が出るのは避けたい]

「そこで、個人的に契約した女性と会う頻度やセックスの回数を決めて付き合うことで、他の女性に気が向かないようにしているのです。一種の保険みたいなものですね」
穏やかな口調で、かれは語った。

一回のセックスにつき十万単位のお金が必要

一方の彼女のほうは彼との関係をどう考えているのだろうか。

「今は仕事が本当に忙しくて、プライベートで恋愛している時間的・精神的余裕がないんです。留学費用を貯めることも必要なので。でも、男性との接点が全くない生活を続けるのも、女性としてどうかなって思って、クラブに登録しました」

「彼は優しく素敵な方で、今の関係にはとても満足しています。私自身、起業や独立に興味があるので、いろいろなことを教えて頂いています。あえて言えば、もう少し頻繁に誘って頂けると嬉しいな、というところでしょうか(笑)」

風俗に通う男性のニーズは「素人」と「本番」の二つに集約される。

多くの男性客は、恋人気分を味わうために、なるべく素人に近い女性と挿入を伴う性行為をしたい、という欲求を多かれ少なかれ抱えながら風俗店に通うわけだ。

だとすれば、はじめから交際クラブ等のサービスを活用して、素人の女性と個人間契約を結ぶべきだともいえる。

ここでネックになるのは費用だ。
個人契約では、一回のセックスにつき、ホテル代・飲食代を含めて、数万~十数万単位のお金がかかる。

これまで記述してきた、1回数千円~1万円台の激安デリヘルと比べれば、桁違いに高い。
しかし当時者の彼にいわせると、これらは全て最低必要なコストだという。

「女性が心身ともに美しくあるためには、美容代や服飾代、健康な生活を送るための食費、スポーツジムの月謝など、相応の維持コストがかかります。
そうしたコストの存在や必要性自体を、多くの男性がわかっていない。例えば、牛丼が一杯10円で売られていたら、誰でもおかしいと思いますよね。たった10円で、牛肉やお米、調理にかかる器具代や光熱費、人件費が賄えるはずがない。最低でも1杯300円台でうらないと、そもそも経営が成り立たないはずです。」

「同じように、女性の身体も本来であれば五万円~十万円台で売らないと、心身の健康を維持するための再生産コストや美容コストが賄えないはずです。わずか数千円~一万円台の利益では、美容代すらならないので、どう考えても赤字になってしまう。」

「激安デリヘルなんて論外ですよ。つまり、女性の身体は五万円以下で売るべきではなし、買うべきでもない。冗談半分ですが、法律で最低価格を五万円以上に定めれば、風俗の世界の問題は大半が解決すると思いますよ」

最低限のコスト?

必要コストを支払わない・払いたくない男性に合わせて、店や女性の側も、健全なサービスの提供や安全確保のために性病検査など最低限必要なコストまで削ってしまう。
安易なパネルマジックによる宣伝や接客の手抜き、不衛生な過激サービスに走るようになるため、問題は一向になくならないわけだ。

男性客がサービスを利用する上での必要コストをきちんと支払うようになれば、この世界の問題の大半は解決するかもしれない。
しかし残念ながら、それはもはや実現不可能だ。

デフレ化とデリヘル化の進む中、電話1本ですぐに女性が自宅やホテルの部屋に「配達」されるシステム、わずか数千円~一万円台でその女性の全裸を鑑賞でき、場合によっては本番行為までできてしまうシステムが、良くも悪くも既に完成してしまっている。

こうした世界の中で、一回のセックスにわざわざ数万~十数万を支払って、女性と面倒なコミュニケーションを重ねる必要がある個人契約を結ぶ男性は、仮にそれが真にコストパフォーマンスの高い方法だとしても、あくまで少数派にとどまるだろう。

文化としての風俗が死んだ世界では、男性が金額に囚われない「」な遊び方を学ぶ場はもはや存在しないのではないか。

-マッチングアプリ

執筆者:

関連記事

援助交際やパパ活で上手くいく人といかない人

  フェラ中に声を出す女性は、口腔内も性感帯になっていてかなりエロい!すするです。   こんにちは、   日本の社会構造上の問題や、ご両親の都合など様々な理由によって貧困 …

女性からのメール返信が遅い?早い?スピードから何を読み取り、どう行動すればいいのか

世界で送信されるエッチなメールは1日数十億なんだって、エロは強し、すするです。 こんにちは、   出会い系やマッチングアプリで女性と出会って連絡先を交換。 その後、メールのやり取りをすること …

出会い系サイトのメールで女性と親しくなる超基本的なテクニック

クジラのチンコは勃起時3メートルもあるそうですね~、ゴリラは3cm。。。すするです。 こんにちは、   出会い系サイトやマッチングアプリで女性をゲットしようとした場合、メールは必項アイテムに …

出会い系の迷惑メール一覧!!すごい内容のすべて!

怪しい出会い系やマッチングアプリに登録すると来るメール集です 好きなお菓子は「大人のきのこの山」、すするです。 こんにちは、 ワザと怪しいマッチングアプリや出会い系に登録したメアドには大量の迷惑メール …

出会い系の業者女は登録地がすぐ変わる!それを追ってみた!

マッチングアプリで登録地域や活動場所をころころ変える女性を追跡してみると目次1 マッチングアプリで登録地域や活動場所をころころ変える女性を追跡してみると1.1 M フリーター 21歳 和歌山県1.2 …