エッチな知識

気が強い女性との上手な付き合い方!こう対処して苦手を克服しよう

最年少オーガズムは生後4ヶ月の赤ちゃなんだって、まじか。。。。すするです。

こんにちは、

 

年々、女性が強くなってきている・・

そんな風に、感じている人も多いのではないでしょうか。

 

わたしの周りにも、男よりも、男らしい女性が、ちょくちょくいますからね。

 

そんな気の強すぎる女性は、どう扱っていったらいいのか。

 

どうやったら、甘えてくるような女性に変貌させることができるのか。

 

今回は、そんな気の強すぎる女の取扱法をご紹介します。

 

この概念を知っておけば、気が強すぎる女性があなたに甘えてくる日もそう遠くないでしょう。

 

 気が強すぎる女の真実と取扱法

 

気が強すぎる女

そもそも、なぜここまで女性が強くなってしまったのか?

 

まずは、ここを知っておく必要があります。

 

答えは、非常にシンプルです。

 

女性が強くなってきている理由は、、、

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

『男が弱くなってきてる』

 

この一点です。

 

女性は原始時代より、男に頼って生きてきました。

 

男が狩りで、獲物をとってくるのを待っていたのです。

 

男なしでは、生きていけない環境にいたのです。

 

なので、女性は遺伝子レベルで男に甘えたいという願望を持っているんですよね。

 

にも関わらず最近の男は、草食系だのなんだのと、もてはやされ、

 

貧弱で責任を負わない、困難があれば逃げてばかり、そんな頼りない男で世の中が溢れかえってしまっているのです。

 

つまり、女性は甘えたくても甘えられないのです。

 

というか、甘えられる強い男が少なすぎるのです。

 

なので、女性自身が強くなるしかなくなっているわけです。

 

これが、年々女性が強くなってきている根本的な原因です。

 

そしてこれは、女性にとって非常に無理をしている状態なわけです。

 

強がってる風には見えますが、実は可哀想な女性なのです。

 

対処方法は?

なので、わたしは、強がってる女性ほどこう言ってあげます。

 

好きなだけ、甘えたらいいよ。」と。

 

頼りがい皆無な男であふれてる中、思う存分甘えさせてあげるのです。

 

押し殺されている女性の本能を呼び覚ませてあげるのです。

 

これだけでも、相当希少な男になります。

 

面倒くさいぐらいに、電話してくるようになりますし、向こうから、

早く会いたい

 

なんて、言ってくるようになるのです。

 

あなたも、大切な人には、思う存分甘えさせてあげてください。

 

無理して、強くいようとしている女性の安らぎになってあげてください。

 

これが、気が強すぎる女の取扱法です。

 

例えどんなに気が強い女性であったとしても、この概念を知っておけば、あなたに甘えてくる日もそう遠くないでしょう。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

気の強い女性ほど甘えさせてあげるのがキモ

 

ということを理解して頂けたと思います。

-エッチな知識

執筆者:

関連記事

中イキする簡単な方法は、膣奥を意識しながらディルドでオナニーすること

最近、乳首を舐められるとすぐに勃起するようになった、すするです。 こんにちは、 中イキが出来る女性というのは案外少ないものだ。 中イキしてみたいという願望はあるが、それなりに気持ちはいいので、中イキは …

女性の名器と言われる生殖器は「男と一緒に作られる」と言える訳

魚に魚同士が交尾している映像をみせると、必死に射精しようとするらしい、魚もAVみるんだ~!すするです。 こんにちは、 今回は、気になる「名器」についての話です。 おま○こに、おちんちんを挿入しただけで …

女性の生理周期の仕組み!?『安全日』は安全じゃない!

安全日だから大丈夫?安全日なら妊娠しないわけじゃない!目次1 安全日だから大丈夫?安全日なら妊娠しないわけじゃない!1.1 ・『安全日』と『危険日』1.1.1 ■そもそも生理とは!?(今更ですが…)1 …

クンニの注意点!女性に悦んでもらうために必要なこと

女性の75%はセックス中の男のあえぎ声が好きと聞いて、喘ぎまくっている、すするです。 こんにちは、 クンニをするとき、自分の欲求を満たす為のクンニと女性を満足させる為のクンニとでは全然違ってくるものだ …

不倫がバレるのは男の脳と女の脳の違いに有った!

浮気や不倫の仕方は男女の脳の違いの影響を受けている!目次1 浮気や不倫の仕方は男女の脳の違いの影響を受けている!1.1 男の浮気はすぐバレる1.2 不倫のリスク スフレ。声にだして読むと、最近流行りの …