エッチな知識

女性器はセックスしないと衰える?感度も鈍くなる?

絶頂に達したとき驚くほど大きな声野獣のように吠える女性も好きな、すするです。

こんにちは、

人間の肉体って、使わないと徐々に退化していくものだと思う。

分かりやすい例が、筋肉だ。

使わないでいると、目に見えて落ちていく。

逆に筋力は鍛えることによって高まっていく。

脳もそうである。

脳は使わなければ、どんどん老化し、ボケが始まるひともいる。

しかし、日々使い、さらに鍛えていると年をとっても退化するどころか、ますます逞しくなっていくものだ。

脳は使えば使うほど効率よくなるのである。

そういう意味では、エッチも長期間しないでいると、エッチで使う様々な機能が退化していってしまう。

今回は、女性器って使わないとどんな風に衰え、退化するのかっていう話しです。

 

女性のおマンコはエッチしないと衰えていく理由

 

女性器は使わないと退化する?

これは勃起をさせなければエッチができない男にとっては、体験的に理解していることだ。

男にとっての、 「エッチ力」 の退化とは、勃起力やそれを前提とする射精力に如実に現れる。

勃起力や射精力が落ちると、それに連動して、亀頭部分を初めとする性器全体の感度も鈍くなるようだ。

亀頭は、勃起しなければ快感センサーは作動しないから、定期的に勃起させていないと、亀頭部分の感覚も鈍くなっていく。

さらには、精液が尿道を通過する感覚も忘れてしまい、その欲求も少なくなってしまう。

つまり、亀頭部分ばかりでなく、尿道内の感覚も鈍くなってしまうようだ。

同じことは、女性にも言える。

しかし、女性の場合は、クリトリスを含め、快感を感じる性器が男ほど体外に露出していないため、この点をあまり自覚することはないようだ。

 

女性器は使わないと退化する

 

つまり、男のペニスを入れられることなく、快感の刺激を受けていないと徐々に感度も低下していってしまう。

処女の女性が、初体験を済ませ、膣でオーガズムを得られるようになるには、何回かエッチを繰り返す必要がある。

言い換えると、ペニスによる挿入を何度か繰り返し、膣内に刺激を与え続けることにより、快感をより敏感に感じられるようになるのである。

膣内の快感って、一度達すると、しばらくは記憶される。

その記憶が残っているうちに、次のエッチをすることだ。

彼氏ができたり、結婚したことによって、頻繁にエッチするようになり、エッチの快感に目覚める女性が多いのはこのためだ。
連続オーガズムもそのいい例で、一度イッた膣は、快感に敏感になっているので、ちょっとした刺激だけで、すぐに二回、三回のオーガズムが得られるわけだ。

つまり、快感のセンサーというのは、快感を得るだけ、その感度が磨かれていくわけだ。

 

定期的にエッチをすることが対策

逆に、エッチをしない期間が長くなると、感度も鈍くなる。

そうなると、なかなか膣でのオーガズムは難しくなる。

だから、パートナーがいない女性は、バイブなりの力を借りてでも、膣の快感を磨くというのがいいかも知れない。

エッチって、すればするほど、快感の感度が磨かれるという訳だ。

特に、女性の場合、男以上にこのことが言える。

エッチして気持ちよくなればなるほど、次のエッチが更に気持ちよくなるという原理なのだ。

-エッチな知識

執筆者:

関連記事

中イキする簡単な方法は、膣奥を意識しながらディルドでオナニーすること

最近、乳首を舐められるとすぐに勃起するようになった、すするです。 こんにちは、 中イキが出来る女性というのは案外少ないものだ。 中イキしてみたいという願望はあるが、それなりに気持ちはいいので、中イキは …

公務員を目指す彼女とのセックスの前の出会いだけの話

感度がいい子は可愛がりたいって思っちゃう、すするです。 こんにちは、   お互いを“〇〇たん”呼びする御嬢さんとの出会い目次1 お互いを“〇〇たん”呼びする御嬢さんとの出会い1.1 小説タイ …

女を褒める!モテる男の女性の褒め方テクニックはこれ

女性大好き!遊び人!!すするです。 こんにちは、   もともと僕はとてつもなく口下手で内気で消極的な草食系男子でした! さらに面白いことなんて、ひとっつも言えないモテない君代表の僕が、なぜ、 …

メンズのモテる服装!最強メンズファッションはこれ!

毛深い場所ほど敏感だっていう話を聞き、毛のある場所ばかりを攻めている、すするです。 こんにちは、   僕はとてつもなく口下手で内気で消極的な草食系男子でした!   面白いことなんて …

気になる女性の前で簡単にギャップを作ってモテる方法

エビオス錠を飲み続けると、精液の量が尋常じゃないほど増えるって、すするです。 こんにちは、   女性が惚れる条件に 「ギャップに惹かれる!」 ということがあるそうです。   それを …