エッチな知識

パンティのシミと濡れたおまんこは男を欲情させる理由

清楚そうに見えて、実はTバックだったっていうギャップも好きな、すするです。

こんにちは、

女性がスカートを履いていて、ふと脚を組み替えた瞬間にパンティーが見えたりすると、男ってドキドキしてしまい、見ていないフリをしながら、何度も見たくなるものだ。

 

まんこがぐっしょり濡れた時の染みパンツに興奮が止まらない

染みパン!パンチラは一瞬だから良い

パンチラって、男の目を釘付けにし、性的にも大いに刺激する。

特に、派手な色の見せパンとか、Tバックなんかではなく、極ありふれた白やピンクのパンティーがちらっと見える方が興奮してしまう。

一瞬でも見てしまうと、もっと見たいと思う。

勃起したくても勃起出来ないという状況の場合、理性を抑え、勃起するのを我慢する。

ところが、ちらっと見えたパンティーのおまんこが当たる部分が濡れていて、シミになっていたりすると
パンティーにシミがでるまで、濡らしてるってことは、エッチな気分なのかな?
と思ってしまう。

こうなると、単に得した気分というよりは、どことなく染みパンで誘惑されているかのような気分にもなる。

誘われているのだったら応じないと恥をかかせることになってしまうかな、なんて気もちもよぎる。

 

性欲スイッチオン

こんな時、男は最初のスイッチが入ってしまい、そのシミの部分に顔を近づけて匂いを嗅いでみたり、めくって中を見てみたくなる。

ここまでやってしまうと、もう我慢できない

パンティーを脱がせるだけだ。

女の方は脱がされまいと抵抗するが、スイッチの入ってしまった後の男の性欲はもう抑えられない。

女性がパンティーに手を抑えても、それを無理矢理にどかせて、一気にパンティーを脱がそうと、パンティーに手をかける。

こうなったらどうしてもおまんこを見たいという心境だ。

パンティーを脱がし、股間を広げ、割れ目がべっとりと濡れていると、第二のスイッチが入ってしまう。

おまんこを舐めたくて仕方がなくなる。

おまんこにむしゃぶりついて、濡れたおまんこの愛液も一緒に舐めてしまいたくなる。

濡れたおまんこというのは、小陰唇が濡れている状況だ。

膣奥から湧き出た愛液がヒダヒダに付いてテカテカと光っている。

その濡れた小陰唇を口で吸い、口の中に入ってくるネトっとした感触が堪らない。

 

濡れまんこはいやらしく、誘っているように見える

パンティーを脱がした時、股間が乾いたままだより、濡れたおまんこの方がいやらしく、誘っているようにも見えてしまう。

濡れているということは、誘っているかのように見えるからだ。

パンティーのシミと濡れた割れ目。

これが男のスイッチを入れる、二大要素だ。

女性の場合、性的な興奮度は、おまんこの濡れ具合で判断出来る。

男は女のおまんこの濡れ具合に激しく欲情するということだ。

-エッチな知識

執筆者:

関連記事

愛情ホルモン「オキシトシン」には性感開発でも重要!

報酬系ホルモンだけのオーガズムではセックスの後「白ける」事が多い目次1 報酬系ホルモンだけのオーガズムではセックスの後「白ける」事が多い1.1 愛情ホルモンの重要性!1.2 性感開発は「性欲を強くする …

女性の一番好きな体位アンケート結果はこれ

女性が好きな体位と男が興奮しやすい体位を紹介目次1 女性が好きな体位と男が興奮しやすい体位を紹介1.1 ・女性が好きな体位1.1.1 ■1位『正常位』1.1.2 ■2位『後背位』1.1.3 ■3位『騎 …

告白を高確率で成功させるために必要なひと手間とその方法

  「だめ」「いやっ」みたいな否定形のセリフに萌える、すするです。 こんにちは、   誰でも告白は成功させたいものですよね。   今回はそんな告白を少しでも上手くいくよう …

女性があと一歩で中イキ出来ないのには理由があった

  女性がイキそうになったら少し刺激を弱め、充分に焦らすのが好きな、すするです。   こんにちは、   セックスしていて、あと一歩というところまではいくんだけどという女性 …

中イキ、ポルチオ開発って知ってますか?

中イキ、ポルチオがよくわらない? 最近は様々なメディアで聞くようになった言葉ですが、改めて軽く解説してみます。 中イキとは、別名膣逝き、Gスポット逝き、ポルチオ逝き、ウテルス逝き等と言われております。 …