体験記

30代のエッチ好き人妻とのほろ苦いセックスの思い出

相手のアソコを触るときは、力強く握ったほうが男の子は気持ちいいって思っている女の子に金玉を握り潰されそうになったことがある、すするです。

こんにちは、

 

30代のエッチ好き人妻とのセックスで燃え尽きた話

 

メールでのやり取りから

30代後半という女性からメールが来た。

メールの内容はこんな感じ。

妄想エッチ好きの人妻です。

セックスって脳で感じるものだと思っています。

焦らされて、もっともっと欲しいと思ったり…

潮吹きって恥ずかしいけどすごく気持ちいいんですよ。

その感覚一年以上味わっていないなぁ。

もしよろしければメールでお話したいです。

少しでも興味がありましたら返信お待ちしています。

と、こんな内容のメールだ。

なんだか、誘惑されてるみたい。本気かな?

でも、僕に興味持ってくれてるみたいだし…

そして、すぐさまそのメールに返信した。

エッチが好きなので、興味持ってくれてるようで嬉しいです。
という感じのメールを返信したあと何度かのメールを交換した。

そしてまた、彼女から届いたメールの内容を纏めると・・

返信メールすご~く、ものすご~く嬉しいです。

実は今のメールで想像しちゃい、あそこがびちゃびちゃです。

女性をよろこばすのが、好きな男性が理想です。

私男性にフェラするのが苦手なんですが、そんな女性いやじゃないですか?

顔面騎乗は恥ずかしいから経験ないですが経験してみたいです。

私ちょっとMっぽいので、恥ずかしいことを言われるだけで濡れちゃうんです。

直接肌に触られるより下着やキャミソールの上から微かに触れられるほうが感じちゃいます。

どうして濡れているのかな?ってじっと見つめられるだけで蜜が溢れだしそうです。

私も時間をかけて少しずつ脱がされていく…そんな恥ずかしさが脳を刺激してますます感じます。

耳も背中もとても敏感に感じます。

胸は優しく優しく触ってもらいたいです。

胸もとても敏感なのですが、乳首を摘まれたり、あまがみされたりが乳首の強い刺激がとても苦手なんです。

貴方に焦らされて焦らされて、乳首を見られたら恥ずかしいと思いながらも、見られて興奮する。

お互い興奮したあとはもう一度キャミソールを着けて、そのうえから触られたいです。

そんな私でもいいですか?

とまぁこんなメールだった。

僕としても、彼女の期待を裏切らない自信はあったし、メールのやりとりは続いた。

メールの相性もいい感じ。

 

結局、逢いましょうってことになった

逢うということは決まっていたが、逢う直前のメールでこんなことが書いてあった。

大変失礼なお願いがあります。

もし急になんだか怖くって気が変わったら、お茶だけで帰ってもよろしいですか?

昨夜あんな大胆なメールをしておいて今さらって思われるでしょうが、私抱いて欲しいとお願いして会うのは今回が初めてなんです。

いろいろ申し訳ありません。

僕はこう書いて返信した。

でもお互いに初対面だし、怖くなるのも当然だと思うのでお茶だけでもいいですよ」と。

メールを返したらホッとしたみたいで、エッチしないかもを前提に逢う約束をした。

お互いの住まいは偶然にも同じ沿線で、中間地点の駅で逢おうということになった。

待ち合わせ場所の駅に着き、
今、着きましたよ。服装はこんな感じです
という内容のメールを送った。

そのメールに返事はなかったが、彼女と思わしき女性が改札から出てきた。

メガネをかけた可愛い感じの女性が僕の横に、ちょこんと並ぶようにして恥ずかしそうに頭を下げた。

「始めまして・・ってなんだか、おかしいような・・でも、始めまして」

「始めまして」

「どうですか?イメージと違いますか?僕で大丈夫ですか?」

「とても優しそうなかたなので、安心しました」

「お茶しますか?ここの駅にはあまり降りたことが無いので、いいお店知らなくて・・とりあえず、探してみましょか」

「はい」

「どちらのかたですか?」

「東北出身です。東京から最近、主人が転勤でこちらに来ました」

 

 

その場でぎゅ~っとしたくなるかわいい女性

 

話し方がとても可愛くて、髪はロングの巻き髪で、メガネが似合っていて、お化粧もナチュラルメイクでその場でぎゅ~っとしたくなる気持ちを抑えていた。

ケーキ屋さんをしているカフェを見つけ、そのお店の前で立ち止まり。

どうしますか?」って聞くと

どうします?」と言って、僕に寄り添うようにしてきた。

あまり時間もないので、お話するだけでもいいから、ホテルに行きましょうか?怖くなったら、何もしないということで・・

わかりました

ということで、ホテルへ向かった。

メールをして、その女性と駅で待ち合わせして、時間があまり無いということで、ホテルへ向かう途中の会話。

「緊張してます?」

「もう、すっごくドキドキです。大阪に来てまだ間がないのでどこも知らなくて・・でも、お逢いして、なんだか安心しました。どんなかたが来られるんだろうと思って、不安でしたから」

「そうですよね。こんな感じです」

「うふっ」

「サイトは東京でもされてたんですか?」

「いえいえ、とんでもないです。東京に居た頃は仕事もしていましたから、大阪に来て専業主婦で、時間を持て余してしまって・・サイトに登録したんです。それに逢うのもはじめてで、何もかもはじめてのことばかりです」

「すごくスタイルいいですね」

「ありがとうございます。いいえ、でもそんなことないです。東京にいたときは、フィットネスジムに通っていましたので、もっと痩せていたと思います」

姿勢もよく、ハキハキと答える感じもキャリアウーマンという印象だ。

 

ホテルに到着

そんな何気ない話をしているうちにホテルに着いた。

ロビーには部屋のパネルがあり、タッチすると部屋を選択出来るタイプのところだった。

広過ぎず、狭すぎず、いい雰囲気の3Fの部屋のパネルをタッチ!

エレベータで3Fへ、そして、その部屋のドアを開けて、中に入った。

彼女の腰に手を当てて、部屋のドアを開けた。

部屋に入ると、落ち着いた感じの花の絵が描かれた額があり、その下のソファに並んで座る形になった。

「とても、お綺麗ですね」

「そんなことないです」

「めがねも似合ってますね」

「前はコンタクトにしてたんですが、メガネに変えてみたらすごく楽だったので、それから・・」

「仕事が出来るって雰囲気ですね」

「そうですか?女性を喜ばせるのが上手ですね。仕事はしていましたけど、そんな風に見えますか?ありがとうございます」

「ウエルカムドリンクがあるみたいですよ。何か飲みましょうか?お酒もあるみたいですよ」

「じゃあ、私、グレープフルーツのチューハイにします。かなり、緊張してるので・・」

「こっちに来てからはフィットネスジムには通わないんですか?」

「いまは働いていないので、主人にジムに行かせてって言えなくて・・身体が熱くて、いつもこんなんじゃないんだけど・・ちょっとトイレに行って来ていいですか?」

「あ、はい」

ほんとにすごく緊張してるみたいだ。

トイレから戻って来た。そして、また、僕の横に座り・・

「すみません。ほんとうに緊張してしまって・・」

そんな話をしているうちに、さっき注文したドリンクが届いた。

僕はソフトドリンクのグレープフルーツを飲み、彼女はグレープフルーツチューハイを飲んだ。

「大丈夫ですか?」

「はい、大丈夫です。私、サイトも初めてで、こんな風に逢ったこともはじめてなんです。だから、何をどうしていいか、わからなくて」

「いつも通りにしててくださいね」

「そうですよね」

「エッチは旦那さんとはしていないんですか?」

「全然、していません。というか、私は若い頃からセックスが嫌いだったんです。体質が変わったのか、すごくエッチな事に興味が出てきてしまって・・女どうしてもエッチして欲しくなってしまって・・」

 

可愛いい話しかたをする女性

話し方も東北の方言なのか、可愛いい話しかたをする女性だと思った。

手を彼女の腰のあたりにまわしてみた。

彼女の震えが、手と腕に伝わってくる。

メールして、3日しか経ってなくて、初対面で・・知らない男女が、いまふたりでホテルのソファに並んで座っている。

こんな状況でドキドキしない方がおかしい。

このあと始まることを想像したら、緊張しないはずがない。

少しの間、沈黙が流れた。

会話しなくても不自然ではなかったけど、我慢できなくなって、腰にまわしていた手に力を入れて、彼女をこっちに引き寄せた。

もうどうにでもして、という感じというか、彼女も抵抗する感じではなく・・顔を近づけて、唇に触れた。

自然とキスをした。

彼女にはじめてキスをした。

ドキドキは最高潮だ!

彼女のドキドキも伝わってきて、余計にドキドキが増幅した。

若い頃のキスと同じように。

軽い、ソフトな感じのキスをしばらくしていた。

舌先で彼女の唇を感じたくなり、彼女の唇を舐めてみた。

彼女の息遣いが荒くなり、キスをやめると、「はぁはぁ」という感じで息をしていた。

身体をぎゅ~っと抱きしめた。

もっと、してください

そう彼女がそう言ったので、もう少し力を入れて抱きしめた。

 

また、キスをした

彼女がかけていたメガネを外して、テーブルに置いた。

ソファで彼女に覆いかぶさるようになり、また、キスをした。

舌で彼女の唇を舐めた。

彼女の歯を舌先で押すようにしたら、中から彼女の舌が少し出てきて、ちゅうちゅう吸うようにすると、彼女の舌が長く延びてくる。

その舌をほおばるようにして、舌に吸い付くと、彼女は色っぽく身体をくねらせた。

ソファに仰向けに寝ている彼女を抱きかかえて、お姫様抱っこしてベッドに移動する。

ベッドに降ろす瞬間・・彼女が「キャッ」っと叫んだように聞こえた。

ベッドの上でまた彼女にキスをし、肩を掴むようにすると、彼女の引き締まった筋肉が手に伝わってきた。

耳元にキスするとき、小さなピアスがまた女性らしさを醸し出していた。

そして、彼女の胸に少し触れてみた。

いや~ん

少し触れただけだったけど、敏感にビクンとなって凄く感じやすいみたいだ。

長くエッチしてなかったせいかも知れないけど、久しぶりにエッチする熟女はこんな反応するのかと思うと余計に興奮した。

服の上からでも、胸は堅く、ジムで鍛えてたことがよくわかった。

彼女の身体に力が入ると胸が堅くなり、力を緩めると少し柔らかくなった。

私、胸が凄く敏感なの

ブラウスのボタンを外して、ブラの上から乳房を触ると、また恥ずかしそうに両手で顔を隠している仕草にまた興奮した。

ブラの上から乳首を摘むと

感じます。すごく感じます

彼女は恥ずかしくてどうして欲しいか言えないみたいだった。

ブラをめくって乳首を見ようとすると「恥ずかしいから見ないでぇ~~」と色っぽい声で訴える。

恥ずかしいけど、凄く感じます。

胸を見られたら、凄く感じるんです。

 

すごく恥ずかしがる彼女

キャミソールは着たままで、ブラだけを強引に外すと・・
きゃぁ~~~っ 恥ずかしいです。見ないでください

キャミソール越しに乳首を舐めてみた。

彼女の感じる部分に触れるたびに彼女の身体はビクビクと動き、強く愛撫したら、大きく身体をくねらせた。

キャミソールをめくって乳房に直接触れたい。

あぁ~~もう恥ずかしくて、私どうしましょう~。きゃぁ~~っ

背中のほうにまわり、唇を首すじから背中へ、背中から腰へ。

また腰から背中へ、背中から首筋へ這わせると、悶え苦しむように身体をくねらせてた。

後ろから手を回して、胸を下から持ち上げるようにしておっぱいを揉んだ。

今度は彼女をこちら側に向かせて、おっぱいの外周を舌で舐めていき、だんだんと内側に向かって舐めていった。

乳首のまわり舐めていき、しばらく唇で愛撫したあと、乳首を口に含んだ。

乳首はとても柔らかく、ピンク色をしていた。

乳房は前に形よく出ていて、形が変わらない。

前に突き出るような、ロケットおっぱいだ。

乳首に吸い付いたまま、おっぱいを持ち上げ、乳首をプルンと離すと、彼女の身体がビクンとなった。

そしてまた、乳首に吸い付いて、引っ張ってプルン。

反対の乳首も同じように引っ張ってはプルン。

乳房も乳首も少し強く揉んだり、触れるか触れないかくらいにそぉ~っと愛撫したりした。

そうする度に彼女の身体は激しく反応した。

 

パンティーは大胆な赤の紐パン

キャミソールをめくって、おへそのあたりを舌で舐めてみる。

唇で、お腹のまわりをなぞる。

手は乳房を揉んでいる。

まだ、スカートは履いたままだった。

横のファスナーを降ろしてスカートを脱がせるとパンティーが丸出しになった。

彼女は顔を真っ赤にして、ずっと恥ずかしそうだったが、脱がせて顕わになったパンティーは大胆な赤の紐パンだった。

引き締まった身体にはその紐パンがとてもよく似合っていた。

直ぐにおまんこを見たい、クンニしたいと思ったが、我慢することにした。

下半身の愛撫は時間をかけて、丁寧にしてあげたかったからだ。

足をM字に広げて内腿を舐める。

内腿から外側に向けて舐めていき、太腿からふくらはぎを愛撫し、くるぶしを舐め、ようやく足の指に辿り着いた。

足の中指と薬指の間を丁寧に舐めた。

彼女はすごく感じているようだった。
普通、足の指や足の裏なんて、舐められることはないだろうから、当然だろう。

全身が性感帯のようで、どこを愛撫しても反応が凄かった。

若い頃はエッチが嫌いだったと言っていたが、熟女と言われる年齢になるに連れて、身体が変化していったんだろうな。

紐パンの横から、おまんこが見えそうで見えない。それがまたエロい。

紐パンの上からクリトリスに当たる部分を舐めてみた。

「あぁ~~~ん~。とても感じます。こんなのはじめてです。もっとして欲しいです」

こんなに感じる女性のおまんこを直接舐めたりしたら、どうなっちゃうんだろうと思うくらいの反応だった。

 

 

クンニを開始した

 

愛液が溢れ出して紐パンにおまんこが張り付いて、おまんこの形がわかるくらいになっていた。

パンティーはまだ脱がさずに割れ目の横の部分を念入りに舐めた。

「感じます。ほんとうに素敵。感じます~~」

お尻の下側からパンティーを脱がせ、お尻の穴が丸見えになった。

「アナル舐めてもいい?」

「きゃぁ~~~~~っ。そんな恥ずかしいこと・・」

「綺麗ですよ。ほんとに。どこも全部綺麗です」

「では、いろんなことしてみてください。気持ちよくしてください」

お尻の穴のシワの部分の円弧を描くようにクルクルと舌を回して舐めると、われ目から愛液が溢れてきた。

無味無臭というか、どちらかというといい匂いがした。

もうびしょびしょの状態だったので、ビラビラを唇で咥えて、舌を横に動かしながらプルプルプルプルっと舐めた。

次はいよいよクリトリス。

人差し指と親指でクリトリスが被っている皮を広げて、完全にクリトリスが露出した状態にしてクリトリスの淵を舐める。

「あぁ~~~もうどうにかなってしまいます。そんなとこ舐められてるなんて信じられないけど、すごく感じてしまって・・」

クリトリスの淵を舐めたあと、今度はクリトリスを弾くようにプルンプルンって舌を上下に高速で動かして舐める。

われ目から愛液が溢れだして、ベッドのシーツまで濡れていた。

彼女を四つん這いにして、頭を彼女の股の間に下から見上げるようにして、顔面騎乗の形になり、彼女のおまんこを口いっぱいに頬張り、おまんこの隅々まで舐めた。

顔面騎乗の姿勢としては、女性は上体を起こしたままなので、意識はハッキリしている。

そんなハッキリした意識のまま、おまんこを舐められるというのが、普段以上に興奮する理由だろう。

 

 

もうセックスするしかないよね~

 

入れて欲しいです。ダメ? ダメですか? 入れて欲しいんです。お願い~

コンドームをちんぽに装着する。

その間もクンニは続けたままだ。もちろん気持ち良さを途切れさせないためだ。

もう完全に挿入準備オーケー状態だ。

勃起した僕のちんぽは彼女のおまんこの中にヌルッと吸い込むように入った。

おまんこの温かさに加えて、吸着間がすごい。

こんなに素敵な女性がいままでエッチして来なかったなんて…そんなことを考えていた。

ヌルッ、ズッポ、ヌルッ、ズッポって何度も何度も動かす。

うふぅ~~~~ん、もう感じ過ぎて自分で自分がわからなくなりそうです

僕も気持ちよくて、何度も出し入れしていたかった。

このエロい身体とエッチな下着とエッチな彼女の喘ぎ声でもうビンビンになってるちんぽが気持ちよかった。

挿入しているのは気持ちよかったけど、また彼女のおまんこを見たくなったのと舐めたくなったので、彼女のおまんこから抜いて、また、おまんこを舐め回した。

彼女をうつぶせにして、お尻を持ち上げて、バックから挿入したい。

バックもお尻がプリンとしていて、またエロく挿入感もすごくいい。

彼女は下つきなので、バックがしやすかった。

バックの後は彼女にを仰向けに寝かせ、正常位。

下つきの女性だと、正常位で挿入する場合は、お尻のしたに枕を敷いて、おまんこの位置を少し上に上げると挿入しやすく、深く挿入出来る。

「あっ あっ あっ  いっ  イキそう・・」

「イキそう?」

「もう、イキそうです」

「もうイク?」

「はい。イキそう~~~ あっ  あ~~」

「僕も イっていい?」

「ええ、イッてください」

「イクよ」

「ああ~」

「あっ イク~~」

「私の中に出してください~~」

「ああああああ」

「はぁ はぁ」

「はぁ はぁ はぁ はぁ」

 

 

気持ちよすぎてあっという間にイってしまった

 

彼女の身体の上で暫くじっとしていた。

少し、じっとしていたかった。

彼女にキスをしようとすると

恥ずかしいから顔を見ないでください

どうしても顔を見せてくれなかった。

暫くシーツを被ったまま、ふたりで並んでじっとしていた。

「どうだった?」

「とても素敵でした」

「気持ちよかった?」

「すごく気持ちよかったです」

「ほんと?」

「本当です。急に逢うということになって、正直、自分の行動に驚いていましたけど、逢ってよかったです」

言葉を崩さず、いつも丁寧な話し方をする彼女のことが、やっぱり可愛く思えた。

年上だけど、見た感じも話し方もとても可愛いかった。

ホテルの部屋のドアの前で何度も抱き合い、ドアを開けて部屋を出た。

なんだか、本当の恋人どうしのような気がしていた。

「また、逢えるかな?」

「逢えたらいいですね」

 

もう一度逢いたかったが。。。

 

しかし、結局、逢ったのは、この一度だけだった。

ホテルを出て別れたあと、彼女に今日のことをメールした。

でも返事は来なかった。

朝、起きると、彼女からメールがきていた。

夜中にメールを書いて、送ってくれたようだった。

夜分遅くに申し訳ありません。

今日は素敵な時間をありがとうございました。

過分なお褒めの言葉まで頂き、本当に嬉しく思います。

携帯に何度もメールしようと思ったのですが…

でもやっぱりやめますね。

私、さみしがりやで 甘えん坊でいつもそばにいてくれる方を探しているんです。

だから本当に許して下さいね。

素敵な方なのできっと素敵な彼女が出来ると思います。

お身体をご自愛され、お仕事頑張って下さいませ。

今日は本当にありがとうございました。

一度しか逢えなかったけど、とても素敵な女性だった。

-体験記

執筆者:

関連記事

オタクな腐女子セフレとコスプレ着衣セックスした話

  コスプレさせてセックスするのはやっぱ好きです。すするです(;´Д`)   こんにちは     着衣でセックスするのってけっこう好きですよね。   …

女子大生をクンニで初イキさせてからセックスした体験談

クンニで舐められながらイってみたいという女子大生とのエッチ目次1 クンニで舐められながらイってみたいという女子大生とのエッチ1.1 痩せてるのにEカップボディ1.2 快感で放心状態の彼女1.3 指入れ …

ドMの保育士のセフレとソフトSMしたらヨガリ方がハンパじゃなかった

  ドMな女って意外と出会い系にはいるなって思う、すするです。   こんにちは、   ソフトSMとして目隠しして両手を縛って電マでアソコを刺激するとヨガル姿がすごい目次1 …

18歳、歯科助手の処女をうばったら性奴隷になったというお話

  1か月前ほど、女子高出身の歯科助手のR於奈(18歳)をが出会い系サイトでメッセをくれました。       「興味があります」     & …

職場のキス大好きな子とエッチしたら布団がびしょびしょになった話

  女性がちょっと照れながら誘う・・・これ最強ですね、すするです。 こんにちは、   過去付き合った女性の中でもトップクラスの可愛い職場の女の子目次1 過去付き合った女性の中でもト …