SEXテクニック

前戯から挿入!コンドームはどうやって付けたらいいの?

ボディタッチが激しい女の子はそもそも距離が近いから、エッチ好きな確率が高いって分析する、すするです。

こんにちは、

女性とベッドに入り、おっぱいを背後から揉みしだき、こちらに向かせて、おっぱいを舐め回し、乳首も丁寧に舐めたり、吸ったりした後、おまんこを舐め回す。

前戯にたっぷりと時間をかけたあと、もう我慢出来ないとばかりに挿入体制に入る。

そこで、いざ挿入するにしても、コンドームを付けるという作業が必要になって来る。

女性に付けてもらうというのもあるが、本来、自分で付けるべきだろう。

 

セックスのときに、コンドームはどうやって付けたらいい

コンドームをつける瞬間は間が悪い

その際、女性の立場から考えると、とことん愛撫されて、体に火の付いた状態なのに、コンドームを付けるのに、モタモタしているとそれこそシラケてしまう。

勃起したペニスにコンドームをかぶせる行為って、女性に今まさに「挿入するよ」 という合図でもあるので、女性としてはそれを見せつけられるだけでも、多少の前技行為にはなる。

しかし、男としては、コンドームをつける瞬間ほど、間の悪いものはない。

それも、一瞬にしてつけられればまだいいが、なかなかスンナリとは付けられないものだ。

まず、勃起したペニスの先に、丸めたコンドームを被せていく。

この時、まず障害となるのが、被せたコンドームがカリの根元に食い込んでしまう場合である。

キンキンにボッキしたペニスだと、カリの根元に食い込んで、外れなくなってしまう。

なので、カリの根元に食い込む前に竿にスルスルと被せなくてはいけない。

陰毛にコンドームが絡まることが良くある

次は長く伸びた陰毛にコンドームが絡まって、なかなか装着出来ない。

一番いいのは、ペニス周辺の陰毛は全て剃ってしまうのがいい。

なので、剃らない場合は、コンドームが陰毛に巻きつかないように、陰毛の上に被せるようにして装着する。

陰毛付近では両手を使ってコンドームを広げて、隠毛の上に被せるというのがいい。

この、コンドーム装着中、うまく装着出来ず、モタついると、当然、女性としては「何してるの~?早くしてよ~」という気分だろう。

ではどうするのがいいか?

コンドームのために、せっかく盛り上がっていた前戯から挿入までの流れをとぎらせてはいけない。

ではどうしたらいいか?

愛撫を中断せずに装着

股間にわって入って、おまんこを舐めている間は、女性もうっとりしている。

大陰唇、ビラビラ、膣口、クリトリスに吸い付いたり、舐めたりしている間に、コンドームを袋から取り出して、装着している間も、クンニはやめない。

もうひとつ、愛撫を中断せずに挿入するには、女性にコンドームを付けて貰うのがいい。

愛撫しながら、女性にコンドームを手渡す。何も言わなくても、「コンドームを付けてってことね」と、袋から取り出して、装着してくれるはず。

もちろん、この間はクンニ(おっぱいなど、他のところの愛撫でも構わないが、クンニがベストだろう)をし続ける。

このように、前戯から挿入の間に空白の時間を作ってはいけない。

最初から最後まで、とろけるような満たされた時間を女性は求めているはずだから。

-SEXテクニック

執筆者:

関連記事

男が街で見かる女性に対して抱いている妄想のすべて

喫煙をするとペニスが短くなるみたい、すするです。 こんにちは、   街を歩いていると、さまざまな女性を見ることが出来る。 中にはとびきりいい女性もいる。 「まるでお人形さんのようだ」とか 「 …

非日常のセックスでマンネリを解消して、いつもより興奮する方法

おへそのお手入れまでも行き届いている女性には好感が持てる、すするです。 こんにちは、 エッチな行為って、普段は見せない、第三の顔が持っている。 普段は仕事も真面目、言葉も丁寧で、とても几帳面。だけど、 …

女性が大切にされていると感じるおっぱいの揉み方

感じてるのに全く濡れてなかったら、演技だな!ってすぐに分かる、すするです。 こんにちは、 今回は意外に間違っている、おっぱいの揉み方です。   女性に愛を感じさせるおっぱいの揉み方のすべて目 …

女性から強制的におまんこを舐めさせるクンニは興奮する

女性の下着がチラッと見えて、それがエッチなやつだっら、興奮がアップする、すするです。 こんにちは、 基本、男は責める側、女の子は責められる側となりやすい。 従って、男がSで女がMという気質になってしま …

セックスの時、男が舐めてもらいたい場所4選

風邪で腫れていた喉チンコは治まってきましたが、性欲旺盛で下のチンコの腫れはなかなか治まりません。すするです。 こんにちは、 セックスの時、男はどこを舐めてもらいたいと思っているのか、女性の皆さんは分か …