エッチな知識

なぜ出会いを求めるほど出会いから遠ざかるのか

 

女性がイッた後『身体全体が性感帯』のようになって感じまくる姿が大好き!すするです。

 

こんにちは、

 

 

恋活をすればするほど、出逢いが遠のいていくってことありません?

 

 

出会いがない、出会えない?

 

出会い系のとてもキホンでもあり、大切なことなので、あらためて少しお話してみます。

 

 

出会いや恋愛について考え直したいという個人的な理由から、私自身へのメッセージ、いましめとなればと思い、お話しています。

 

 

PCMAXなどの出会い系サイトで日記やつぶやきなどを拝見していると、出会いがない、出会えないという内容のメッセがかなり見受けられます。

 

 

出会い系サイトで何人もの魅力的な女性と出会い、お付き合いさせていただいたこともあります。

 

 

ですから出会いがない、出会えないという嘆き(?)に、少しはお役に立てるかもしれません。

 

 

もっとも、出会いがない、出会えないという方々が、では本当に出会いを求めているかといえば、めんどくさくてそんなの求めてないよー、プーンという人もいるでしょうが、ここではガチに出会いたい人向けのお話になります。

 

 

そしてこれは、10代から20代にかけての自分、「恋愛思考」だった自分への伝言でもあります。

 

 

当時の私は、誰と会っても、この人は自分が出会う人か、恋愛対象になる人か、みたいに、相手がどんな人かもわからないのに、こちらで勝手に決めた条件をもとに、ペタペタとラベルを貼るような、ガチガチに凝り固まった出会い、恋愛しかできなかった。

 

 

まるで恋愛や結婚にあこがれる思春期や20代の女子が、相手の条件をいくつもあげて、現実には存在しないオトコをいつまでも探し求めるように。

 

 

 

条件ありき、というのは、本当は好きな人がいないから

 

 

かぐや姫だって、求婚してきた5人の皇子に「仏の御石の鉢」「蓬莱の玉の枝」「火鼠の裘」「龍の首の珠」「燕の産んだ子安貝」という条件を、現代の女性が結婚相手にリクエストしがちな「20~30代」「独身」「年収600万」と何ら変わらないノリで突きつけましたが、かぐや姫は誰も好きではなかったんです。

 

 

いざ自分の条件にドンピシャなオトコが現れたとしても、女性というのは本当はとてもさめています。

 

 

それなのに、そんな条件にとらわれている人ほど、せっかく魅力的なのにいい出会いがなく、それほど魅力があるように見えない人が(言葉キツくてスミマセン汗)、自由に出会いや恋愛を楽しんでいて、それがいい結婚に結び付いていたりする。

 

 

また、私がまったくモテなかった、高校でのお受験、大学でのお勉強ばかりしていたとき、自分のすべての行動が、出会いと恋愛に結びついていました。

 

 

恋愛するため人を探す、恋愛するため人と会う、恋愛するためデートをする、恋愛するためセックスする。

 

 

こんなガチガチな恋愛思考ですから、誰と会っても、デートをしても、セックスしても、相手を恋愛の対象としか見れない、やたら緊張したり、あまり楽しめない。マニュアル本にあるような、デートのためだけのデート、セックスのためだけのセックス。

 

 

これではデートやセックスもマンネリになります。

 

 

そしてセックスがゴールなら、本当はその後にいつまでも続くこともありうる、せっかくの人間関係までたどり着けません。

 

 

 

人として好きか

 

 

本質は、自分はどんなオトコ、どんなオンナが「人として好きか」、それだけなのに。

 

 

別にデートにこだわらなくてもいいじゃないですか、セックスなんてしなくても死にません。

 

 

困ったことに、デートしたい、セックスしたいとばかり思っていると、それが顔に出てしまいます。

 

 

女性は化粧や嘘が上手いのでわかりにくいですが、オトコはバカ正直なので、私でもわかるくらい、笑えるくらいに顔に出ます。

 

 

それを心理学では「ジョハリの窓」といいます。

 

 

かつての私も、好きな女性の前でそんな顔をさらしていたのでしょう(滝汗)。

 

 

そんなオトコに誰が近づくかって―の。

 

 

でもひとたび、そんな「恋愛思考」を手放して、自由になれたとき、つまり「デートは遊び、セックスは喜び」と思えるようになったとき、私の前に、かつて出会えなかったような、魅力的な女性が何人も現れ始めました。

 

 

そもそも、人というのは驚くほど相手のことを見ていない、見えていません。

 

 

見たとしても、すべてを自分に都合のいいように解釈してしまう心のメカニズムがあるのですが、これは長くなるので別の機会にお話します。

 

 

相手のことをロクに見ていない、見えてもいないのに、相手の氷山の一角のようなきわめてごくわずかな情報をもとに、自分の小さな歪んだフィルターを通して、そのときの気分で、好きとか嫌いとかジャッジしているに過ぎないのです。

 

 

そして人を見るときのそうしたつかのまの好み、見えかたも、時とともに変化していきます。

 

 

恋愛思考」で身動きがとれないでいると、いくら魅力的な人でも、せっかく自由になれる機会を逃してしまいますよ、という話でした。

-エッチな知識

執筆者:

関連記事

エッチでイキやすい体質の女性の特徴とは?

セックスで激しく腰を振りすぎてギックリ腰になったことが、一度だけある、すするです。 こんにちは、 今回は、セックスしていて、イキやすい女性には、なんらかの共通した特徴があるのではないか?っていう話しで …

好かれる男と嫌われる男の違い!簡単にモテる男になる方法

花火大会は女性の性欲を高めるって聞いて以来、夏のデートは花火ばっかり誘っている、すするです。   こんにちは、   今回は、女性と頑張って話はするんだけどいつも、連絡先を交換できな …

男がどんどん興奮してくる女性の仕草はこれ

耳に息を吹きかけると感じる女性は素敵。。。すするです。 こんにちは、 男が乳首愛撫やクンニで、自分を気持ちよくしてくれ、何度もイカせてくれると、女としてもそれに応えたいと思うようだ。 自分ばかり気持ち …

不倫相手の探し方と絶対にバレない交際マニュアル

浮気不倫相手の探して疑われずに付き合う方法を解説目次1 浮気不倫相手の探して疑われずに付き合う方法を解説1.1 ・不倫の心得1.2 ・人妻を口説く方法1.3 ・人妻をセックスに誘う方法1.4 ・人妻が …

手マン・指マン・指オナの時の指の役割を徹底解説

  食欲と性欲は比例する!よく食べる女の子はエッチも大胆って思う、すするです。   こんにちは、   人の指は5本有り、それぞれ役割があり、それぞれの個性がある。 &nb …