体験記

彼女と安全日を調べて強姦プレイで中出ししたら怒られ体験談

エッチをしたいと誘ったときに一度はじらしてダメと言う女性も好きな、すするです。

こんにちは、

かなり自分勝手な屑の思考と行動があります。

そういのを受け付けない方は、読まない方がいいと思われます。

 

抵抗出来ないまま無理やり犯され中だししてみる

 

強姦といえば・・・!!・・中出しか!?

 

二十代後半の時の話です。
付き合ってもすぐに振られてしまう私には珍しく、2年ほど長く付き合った彼女、ナナがいました。
ただ、ながく付き合えばそれだけ色々してるので、この時はすでにマンネリ化状態でした。それを解消する為に深く考えずに提案しました。

私『なあ、たまにはいつもとちがうsexしようか?』
彼女「いきなりなに?ちがうってどんな?」
『アナ』
「お尻は嫌!!」
『えー、・・・ならしてないプレイならレイプとか?基本ナナは受け身だし、少しでも犯され願望あるなら試しにやるのはいいんじゃない。』

「えっ、痛いのは嫌だ。」
『流石に、身体に傷が残るような事はしないし、嫌なら途中でやめるよ。』
「うーん、なら少しなら。・・今からするの?」
『いや、近々で』

今してもグダグダになる事が分かりきってたので、別の日でする事に。
さて、すると決まればやる気も出てくる。必要な物を考えていかなければ
強姦といえば・・・!!・・中出しか!?

レイプ物のAVで腹出し、顔射だった時はがっかりする私からしたら、強姦=中出しでした。
しかし、この彼女とは必ずゴムはしていたので、中出し経験はなし

初めての中出しが、こんな形は流石に駄目だろうと私でも分かりましたが、そこはクズ脳。

まあ、これで振られたら仕方ない。

そしデキた時はデキた時だ!と深く考える事を拒否!!

道具は、縛る為のヒモ、覆面、アイマスク、ローション、電マを購入!
あとは、彼女の生理日も知っていたので、安全日を調べてその日に決行!
オナ禁も頑張りました!

 

NG行為を確認

 

家でして、通報されたらマズイのでラブホへ
久しぶりのラブホにテンションがあがる彼女。
お風呂に一緒に入ってNGを聞きます。
「すごく痛いのとお尻は駄目」

の二つ言われました。
約束すると伝えて、
『もし本当に嫌な時は中断する単語決めようか。【嫌いになる】でどう?これを言わないと嫌、やめてってどれだけ言っても続けるから。』
「わかった。」

お風呂から出て、お互いバスタオル一枚でベッドへ
考えたシチュエーションを説明

1人暮らしのOLが寝てる部屋に男が侵入。全裸にされて、縛られ、目隠しもされた時にようやく起きて、抵抗出来ないまま無理やり犯される

説明が終わると彼女爆笑!?
「細かすぎる!どんだけ考えてきたの!(笑)」

笑ってる彼女を少し無視して、自分のテンション落とさないで準備を進めます。
ベッドの上で全裸で横になってもらい、目隠しをして両手を手首のところで縛ります。
まな板の鯉状態になったので、私の準備を!

 

覆面をして、電マとローションを用意

始める前に、彼女のアソコを確認。
あんなに笑ってたのに、既にかなり濡れてます。
そしていよいよプレイスタート。

『おい。起きろ。』
「・・えっ、何。やめてー。」棒読み

『・・・今自分の状況分かってる?』
「分からないです。助けてー」棒読み&笑

分かってた。こうなる事は。

でも彼女の演技がひどい。

これは自分から流れを変えないといけないので、徹底的に役になりきる!!

いきなり胸を強く揉みながら
『なに笑ってるの。これなら犯されるの分かってる』
「いや、やめて。」
『うるさいな。やめて下さいだろ!!』

胸を掴みながら強めに言うと
「や、やめて下さい。・・許してください。」
徐々にナナもスイッチが入り出す。

『まあ、いきなりこんな事になって可愛そうだとは思うよ。だからもしフェラで5分以内にイカせる事が出来たらそれ以上はしないって約束するよ。』
「・・・そんな事出来ないです。許して下さい。」

『なら今からマンコに突っ込んでめちゃくちゃに犯すぞ!!!』
普段絶対に言わない卑猥で大きな声に驚いたのか、ビクッと身体を震わせるナナ
「ごめんなさい。・・口で・・させて下さい」
『なら口をあけろよ!』

 

横向きになり、黙って口をあける

枕元のナナの顔のそばに座り、ペニスを少し口に入れる。
そして両手で頭を掴んで喉の奥まで一気にペニス突っ込む。
突然のイマラチオに逃げようとするが、手は縛られ、頭を押さえられてるのでされるがまま!

数秒間喉を攻めるピストンをして解放すると
「うぇっっ、ゴホッゴホ」
咳き込むナナ

『ごめんごめん。あまりに可愛いお口だったから我慢出来なかったよ。次はしないから口あけて。』
恐る恐る口をあけるナナ
今度はゆっくりとペニスを入れる。

手が使えないので、首を前後にゆらしながら必死にフェラをしてきます。
その状態をしばらく楽しんでから股を開くように指示。
ナナは抵抗せず、言われた通りフェラしながら股を開きます。
右手で電マを持ちクリにあてます。

「ンンッ?」
スイッチオン
「んんんっんっ、ああーあああっ」
くわえてたペニスを口から離して、喘ぎまくりです。

『やめるな!また無理やり喉に突っ込むぞ!』
その言葉で再度くわえますが、んっんっと喘ぎフェラは出来ない状態です。
『イク時はちゃんと言えよ!』
そう伝えると、すぐに
「ンフッー!ングー!!!」
と申告が!

同時に左手で、頭を押さえてイマチオ再開!
先程よりもながく続けます。
喉を犯されながら、全身ビクビクさせてイッてます。
イキ終わり、口からペニスを出すと
「ゴホッゴホッごめんなさい。グスッ、許して下さい」
と咳き込みながら謝ってきます。

その姿に、嘔吐するまで続けたい衝動にかられますが、ここで嫌いと言われたら元も子もないので我慢!
『犯されてるのに、簡単にイッたね。確認するから股開け!』

 

素直にあおむけになり股をひらく

確認すると愛液が溢れてテカテカに濡れています。
『濡れてんじゃねーか!!エロいな!よし次は舌を出せ!』
「した?」
『舌だよ!舌!あっかんべするみたいにベロ出せや!』
そう言いながら、両手で乳首をつまみます。

「痛い!ごめんなさい!グスッグスッ出します。」
泣きながら必死にベロを出してきます。
おおいかぶさり、そのベロに吸い付いたり、噛んだりします!
抵抗する事なく舌を出し続けるナナ

舌に意識を向かわせてる間に、バレない様にペニスを挿入出来る位置にスタンバイ!!
舌を堪能し終わったら、縛った腕を頭の上に移動させて
脇の下に腕を回しこんでがっつりホールド!
そして耳元でささやきます。
『なあ、気づいてる?とっくに5分過ぎてるよ。』

同時に挿入!
濡れたアソコは、ヌルっと抵抗なくペニスを受け入れて
根元まで簡単に入りました。
「イヤー!!やめて!!ああっ」

完全にスイッチが入ったナナは、大声で叫びます。
本当に嫌がってるんじゃないかと思う程ですが、嫌いと言われてないので続行!
高速ピストンで奥をガンガンにつきます。
「ああああっあっやめて!あっ!ひどい!ひどい!」
拒絶の言葉と喘ぎ声がまじります。

そして目隠しを取り、頭を持ち上げて出し入れしてるところを見せます。
「いや、抜いて下さい!お願いします!」

 

鼻水も出てる泣き顔

 

イマラチオが効いたのか、鼻水も出てる泣き顔で訴えてきます。
『感じてるくせによく言うな!お前の愛液でペニスがテカテカに光ってるだろうが!』
そう言って引きねくと、ギンギンに立ったペニスを彼女の顔の横に持っていきます。

何をすればいいか理解したみたいで、ペニスについた自分の愛液を舌でキレイに舐めていきます。
『よく出来ました!さて、再開!』
唾液まみれのペニスを再度アソコに入れようとします。
そして、ようやく気づく彼女
「あれ?待ってゴムは?」

無視してズブズブ入れていきます。
「ああっ!待って!本当にゴムはして!」
『なら、これでオナニーしろ!イクとこ見せてくれたらゴムは考える。』
そして電マを渡します。
いきなりの提案に戸惑ってるのが分かりましたが、少し間をあけて、無言で電マの先をクリに当ててスイッチを入れるナナ

「ああああっ!ああっ!ダメ!ダメ!」
電マの振動に我慢できず喘ぎ出します。
スローピストンで突いて、同時に乳首を攻めるとすぐにアソコが締め付けてきます。

「ああっごめんなさい!イキます!イグッッ!」
キュッキュッと締め付けてきて、それが治ると電マを外して、はっーはっー息を整えています。

ぐったりしてる彼女に、先程と同じように腕を脇下に滑り込ませ抱きしめて高速ピストン!
そして込み上げてくる射精感!
『ヤバイ。イキそう。このまま中に出すぞ!』
「ダメ!それは絶対にダメ!」

必死に逃げようとしますが、この状態ではどうする事も出来ません。
「本当にやめて。赤ちゃんできちゃう。」
『構わない!孕め!!』
「ダメ!いやーーっ!」

この時は、理性が完全にとんで、目の前の女を孕ませたいというオスの身勝手な思いしかありませんでした。

 

ナナの一番奥に射精!!

これまで味わって事のない射精感!刺激が快楽がおそってきます。
「ああ~本当に出してる。」
出されてるのが分かるのか、射精の間はそれだけをつぶやいて無抵抗で終わるのを待っています。

ながく感じた射精の後、ゆっくりペニスを抜きます。
ホールドからも解放すると、ナナはすぐに横向きになり、枕に顔を埋めてグスッグスッと泣き出しました。

足はくっつけて曲げてるので、私からはマンコもアナルも丸見え。
そして、アソコから精子がかなり垂れてきて太ももを伝ってシーツに落ちます。
その光景を賢者タイムの私が見ます。

完全にやり過ぎた!!!!

我に返った私は、処理もせずに横向きになった彼女を後ろから抱きしめて謝りまくります。
グスッグスッと泣いて反応もなかった彼女ですが、しばらくすると起き上がりめちゃくちゃ怒ってきます!!

全裸で股から精子垂れ流しながら怒る怒る!
今は何を言ってもダメなので、謝る私!
しばらく怒って、ボルテージも下がってきたところを見計らって言い訳!
「できたらどうするの!!信じられない!」

『その時は責任とるよ。ゴムをしてても100%じゃなから、できる時はできる。だから、俺はナナとする時はいつもそれを覚悟して抱いてる!今回は間違いなく俺が悪し、逃げたりしないから。ごめん!』

クズの馬鹿な発言です。

それでも、言い回しを変えて何度も伝えていくと、ボディーブローの様に効いてくる。
そして遂に、出してしまったなら仕方ないと思わせる事に成功。

 

 

本当に赤ちゃんできるよ!

 

徐々に機嫌もなおり、ホテルの昼食を食べ終わる頃には完全になおっていました。
その後ゆっくり過ごして、また熱めのお湯に2人でつかります。

2回戦頑張れるかなーと考えていたのでここで彼女に提案。
『お風呂出たらもう一回しようか。その時も中出しさせてほしい。』
「ダメ!本当に赤ちゃんできるよ!!」

『でも合意の上とはいえ、さっきみたいなプレイでできてしまったらこの先引きずるやろ?それなら、お互いが求め合うsexで授かりたいやん。今日だけだから!』
こんな感じの事を長々伝えました。

「・・・分かった。今日だけだよ。」
折れる彼女
『ありがとう!なら受け入れた証としてイク時言うから、私の中に出してって言って!!』

「絶対に嫌!!」
と怒られました。

しかし、許可はもらったのでこれだけで息子はギンギン!
早速お風呂から出て2回戦
いつもより多くのイチャイチャと電マの力で2回イカせてから挿入。

ゴムのない状態で彼女の中を楽しみ、色々な体位をしてから正常位で抱き合いながらディープキス。
我慢の限界に達したので奥に突いて
『イク!出すよ!』と伝えると
「出して!あなたの全部私の中に出して!」

のりのりやないかーい!

と心の中で突っ込んで射精!

抱き合いながらゆっくり余韻に浸り、満足してペニスを抜きます。

赤くなった内側が見える程に、ポッカリあいた穴から精子が垂れてきます。
今度はマジマジとそのエロい光景を脳裏に焼き付けます。
写メ撮ろうとしたら怒られて断念!!

その後は、ホテルを出て夕食を食べて、家で寝る前にもう一回中出しし満足した一日でした。

ちなみに、この行為での妊娠はありませんでした。

 

-体験記

執筆者:

関連記事

すごい年上の不動産屋の受付嬢に長時間の挿入SEXをした話

イクときに腕をぎゅっとつかまれるとたまらない!すするです。 こんにちは、   30歳以上離れていたかもしれない女性との情熱セックス目次1 30歳以上離れていたかもしれない女性との情熱セックス …

中イキ実践!経験人数50人以上の女性に初中イキをさせた話

経験人数が50人以上で中イキ出来なかった女性をイカせた体験記目次1 経験人数が50人以上で中イキ出来なかった女性をイカせた体験記1.1 ■セックスのきっかけ1.2 ■今回の女性に関して1.3 ■実際の …

酔っぱらいのOL女性をラブホに連れ込んでエッチした話

  女性に早くベッドに行こうよ!なんて言われたら、もうフル勃起!すするです。 こんにちは、   酔ったOLはすんなりラブホについて来てくれてエッチもできた目次1 酔ったOLはすんな …

キャバ嬢のセフレに早朝セックスを強要されたw!性欲についていけない

  キャバ嬢のセフレの性欲についていけない、すするです(;´Д`)   こんにちは、     キャバ嬢ってまあイケイケなイメージがありますけど、意外とガチで仕事 …

出会い系で知り合った女性に「サイトを使うのをやめて欲しい」と言われたら?

付き合っているのに出会い系アプリをやめてくれない?って言われた パンパース。この言葉にハマりすぎて、気づいたらおむつプレ……。すするです。 こんにちは、 しばらくPCMAXのアカウントを退会して、復活 …