エッチな知識

出会い系サイトで売春するシングルマザーがいる

エッチの前にに一緒にシャワーを浴びながらいちゃいちゃするのも大好きな、すするです。

こんにちは、

 

出会い系は、シングルマザーの収入の生命線なのか?

 

出会い系サイトで売春するシングルマザー

出会い系サイトで売春するシングルマザーというものは、地方によって差はあれどおおよそある程度の都市化の進んだエリア単位で4~5名いるかいないかだというのが実感だ。

 

いくつかの出会い系サイト(売春ツール系)の書き込み頻度を定点観測した結果のあくまで「実感レベル」で、もちろん中央都市部および政令市・中核市では、準じて一挙に数字は跳ね上がるだろうし、匿名性を求めて地方部から都市部へと出稼ぎ的に現れるケースも多い。

 

だがいずれにしても、想像以上のマイノリティであることには変わりはないだろう。

なかには複数のサイトに毎日のように相手募集の書き込みをする「シングルマザー世代」の女性もいるが、多くは素人女性を装った風俗業者であり、個人の場合はまさにこれぞ職業売春婦と呼べるような人々。

 

一方で今回話を聞くことができた母親たちのほとんどが、長期間にわたって出会い系のみに収入を依存しているわけではなく、やはり家賃や携帯電話の支払い、子供の学校の突然の出費などの際に、そして精神的に不安定で寂しさに苛まれたときの救済として、出会い系サイトを利用しているというのが実情だろう。

 

多くの話を聞けた女性たちにその意識があにように、たしかにこれは「売春」という言葉のくくりのなかに入る行為ではないのかもしれない。

 

恋愛未満で売春未満というポジショニング

いずれにせよ病的な社会現象だとは思うし、「現象」というには対象とした期間も少なすぎるという感も否めない。

だが彼女たちは、ギリギリそこまで落ちずに止まっているにすぎない多くのシングルマザーたちを映す鏡だとも、また思う。

 

他方、同じ出会い系サイトのなかでも、「売春ツール」として主に使われるサイト以外のものでは、金銭授受のない出会いを求めるシングルマザーが驚くほど日常的に存在している。

今や出会い系サイトは、地下鉄のドア広告や一般雑誌の裏表紙にすらその姿を現すほど一般化している。

 

「出会い系」とくくることでなにやら不健全な印象もあるが、それこそ千差万別。

「婚活」なんて言葉がブームを呼ぶ昨今では、かつての結婚仲介業者もサイト形式の出会い仲介に乗り出す。

 

「シングルマザーと出会い系」という言葉の組み合わせは、いっそう珍しいものではなくなってきている。

そもそも子育てって、女でひとつでやれるものなんだろうか。

 

子供ができれば女は自動的に母親になって、喜んで産み育てると思っているのだろうか。

そして、シングルマザーが出会いや恋愛に貧欲になって、何が悪いというのだろう。

離婚によって男が子供を「捨てる」ことに社会的制裁がなく、ひとり髪を振り乱して子を育てる母が「差別の対象」なのか。

 

日本には「女手ひとつで」子供を育て上げることを賞賛する「美学」

あれはいったいどこの誰が言い始めたものなんだったのか。

親業などというものは、とうてい母の手ひとつでやれるようなものではないのだ。

もちろん支えとなるものは様々にある。

 

親兄弟や親族、地域福祉、地域や職場・ネットのコミュニティなどをも含む互助的集団、友人、託児所や保育園等の有料サポート、彼氏や再婚相手などの男。

だがこのいずれもない状況で女がひとり子育てをすることは、まず無理だろう。

いやほぼ無理だ。

 

ここに、最大の認識のギャップがあるのだと思う。

女は自力のみで子育てをできる存在ではありません」という価値観を堂々言う人を、あまり聞いたことがない。

そんなことを言えば叩かれる。

 

もしかすると叩くのは、むしろシングルマザーで自力のみでバリバリ子供を育て上げてしまった母親かもしれない。

私にできたのに、なぜできない

できる人のほうがよほど特殊だという論よりは、やりぬいた母親に対する賞賛の声のほうがよほど大きな世の中だ。

 

がんばりゃなんとかなるんじゃない?

本当に努力しているの?」

耳にタコができるほどあふれる、こんな声。

頑張ってなんとかなるなら、世話ないのだ。

 

「頑張ってないからだ」と決めつけ、そこに差別が生まれる

努力すればなんとかなっても、うつ病などの「努力できない状況」になったら、自助努力以外に支えのないシングルマザーは即座に生死の淵にまで叩き落されるし、頑張らなくてはと自己を追い込む者ほど、うつの病に陥りやすいという二重の罠。

 

この頑張ってなんとかなるという変な勘違いが横行しているから、なんとかならなくなった人を見て「頑張ってないからだ」と決めつけ、そこに差別が生まれる。

出会い系による救済にならない救済にも、手を伸ばすシングルマザーたちは、矛盾に満ちて、母としても人としても大人としても、不完全な存在だ。

 

でも、心から願うのはどんなに辛くとも、その手にしがみつく小さな手を決して放さないでほしいということ。

助けが欲しければ全力で叫び、その身と心を休めることが悪いと思わないでほしい。

 

苦しいと叫ぶ母を助けられない世の中ならば、苦しいと叫ぶことがはばかられる世の中ならば、それは彼女たちが間違っているのではなく、世の中の側が間違っているのだ。

 

心から望むのは、福祉を含め、社会全体の力で子供を育てていくことがあたりまえに感じられる世の中になってほしいということと、助けてと声を上げることもできない母親たちの無念に少しでも気づいてくれる人が増えることを願う。

-エッチな知識

執筆者:

関連記事

女性もオーガズムを経験をした方がいいと言い切れる理由

  アスパラに含まれる葉酸にはオーガズムを得やすくさせてくれる効果があるらしい、すするです。   こんにちは、   男であれば、教えられなくても、女性がいなくても、ペニス …

男が女性のおしっこする姿を見たがる理由!放尿プレイの心理

一日中たっぷりと水に浸けた「熱さまシート」はオナホのようになり、それでオナニーするとすごく気持ちがい、すするです。 こんにちは、 多くの男は口には出さないが、女性がおしっこをするところを出来るものなら …

生理前の女性は痴女になるというのは本当か?

真性包茎の手術には保険がきくが、仮性包茎の手術には保険がきかないそうですね、すするです。 こんにちは、   生理前になると体が疼き、中には痴女になってしまうくらいエッチをしたいという女性は多 …

セックスのプレイ中に大きな声を出すカップは、セックスを本当に楽しんでいる証拠だ!!

SEXの最中に大声を出す?出さない?大声出すと良い効果があるよ目次1 SEXの最中に大声を出す?出さない?大声出すと良い効果があるよ1.1 セックスのプレイ中に大きな声を出すカップル1.2 男を興奮さ …

女心をキュン死させるボディタッチのやり方!

鶏は1日50回もセックスする!まじか?、すするです。 こんにちは、   ボディタッチが、親近感を増幅させることは、多くの人が言ってることですし、わたしもそう感じてます。   男でも …