体験記

紙おむつを履く、熟女系風俗で働く女性の話

夜景の見える素敵な部屋で、ベッドの上でキャンドルの灯りに照らされながらというシチュエーションに憧れる、すするです。

こんにちは、

 

風俗で働く、紙おむつを履き、スリーサイズがすべて100を超えている肥満女性

 

40代半ばを過ぎた精神疾患の女性を採用してくれるような職場は無い

風俗の世界で働く女性にとって下着は重要な商売道具と言ってもいい。

「男性をその気にさせるための先行投資」と捉えてセクシーな高級ランジェリーを選ぶ女性もいれば、「仕事用の消耗品」と割り切って安くても見栄えのするものをネット通販でまとめて購入する女性もいる。

 

そんな中、ある女性(49歳)が履いているのは失禁予防のための紙おむつだ。

彼女は大学を卒業後、出版社に勤務していた。しかし過労によって精神疾患を患ってしまい、会社を辞めざるを得なくなった。

 

しばらくは、北関東の地元で弟と同居し、退職金を切り崩しながら生活をしていたが、退職後も精神疾患は治らず、そのうちに退職金も底をついてしまった。

同居している弟は流通業に従事していたが、震災の発生によって仕事を失ってしまい、そのまま借金生活に突入。

 

自家用車も借金のカタに差し押さえられてしまい、一日中金融業者からの催促の電話が鳴っている状態だという。

彼女は「司法書士に相談に行けば」と弟に助言したが、「怖いから嫌だ」と断られてしまった。

 

裁判所から封筒が届いても怖くて開封できない状態だという。

こうした状況で家にいても落ち着かないので、彼女は一念発起して仕事を探すことにした。

 

しかし地元では40代半ばを過ぎた精神疾患の女性を採用してくれるような職場は無い。

パートやアルバイトの面接に何十件と応募したが、どこにも採用されなかった。

 

スリーサイズがすべて100を超えている肥満体型

彼女はスリーサイズがすべて100を超えている肥満体型のため、風俗の面接でも落とされてしまった。

それでもせめてたばこ代くらいは自分で稼ごうと思い、応募者全員採用のある風俗店に入店した。

週に三回程度、地元の県から片道二時間かけて都内まで通っている。

 

交通費は支給されないので、都内までの電車賃は全て自腹だ。

以前は待機部屋に宿泊することもあったが、泥酔して交番に保護されるトラブルを起こしたこともあり、宿泊は禁止になった。

 

この店には約三年間勤務しているが、男性客からの指名はほとんどない状態だ。

それでも彼女は待機部屋の片隅でタバコを吸いながら、今日も指名を待ち続けている。

その日の体調によっては待機部屋で失禁してしまうこともあるため、普段は紙おむつを履いている。

 

セーフティーネット

風俗だけでは生活困窮者のセーフティーネットにはなり得ない。

しかし生活保護をはじめとした社会保障制度の現状を見れば、国や自治体による公助だけをセーフティーネットとして頼ることにも限界があることが分かる。

 

現金日払いの風俗店が、少なくない母子世帯に「現金給付」を行う役割を果たしているという現実がある。

また貧しいがゆえに問題が切迫している母子世帯は、住居や託児に関して、事前予約や審査、煩雑な申請手続きの必要な「タイムラグのある支援」ではなく、今この場で、電話やメール、LINE一本ですぐに利用できる「リアルタイムの支援」を求めている。

 

そして、「子供連れで即入居可能なマンション個室寮」といった形で、彼女たちのニーズに応じることができるのは、今の社会では風俗しかないのではないか。

だが裏を返せば、風俗はリアルタイムの支援しか提供できないともいえる。

 

目先のニーズに過度に応えてしまうことで、本人が将来安定した社会生活を送るための土台そのものを壊してしまうこともあるのだ。

 

夜の世界には「魔の一か月」という言葉がある

日払いのキャバクラや風俗で働いていた女性が、足を洗って月給制の昼職に変わる際には、最低一か月間を無給の状態で生き延びなければならない。

貯金が無かったり、浪費の習慣が抜けていないために、いつまでたってもこの「魔の一か月」を突破できずに、結局夜の世界に戻ってくる女性も少なくないのだ。

 

リアルタイムの支援だけでは、セーフティーネットにはなり得ない。

タイムラグのある支援と組み合わせてはじめて生活を立て直すことができるのだ。

-体験記

執筆者:

関連記事

シングルマザーとカーセックス!興奮度ではホテルより上

エッチの最中に女性の足をくすぐったら、バタバタした足があそこにヒットして、しばらく動けなくなっていた、すするです。 こんにちは、     シングルマザーと深夜にやったカーセックスの …

20代の人妻女性とエッチなアナル舐め体験をした話

意外に堅そうな女性に限って酔っぱらうとエロくなってしまう!すするです。 こんにちは、 出会い系アプリで知り合った人妻のお話し。   出会い系の人妻は想定以上に超絶エッチだった!!目次1 出会 …

ギャルママと濃厚セックス 騎乗位のグラインドがすごい

  おとなしい彼女がお外で外壁に手をつき立ちバッするとたまらなく興奮する、すするです。   こんにちは、     先日、ギャルママのM希(23歳)と会ってきまし …

処女をもらってそのままセフレにした女子大生と自宅でセックスを体験

セフレを厳選して5人ほど選んでいる、すするです。 こんにちは、 選んだセフレは自宅に呼ぶこともあります。 今回は、自宅セックス中継?です。   女子大生のセフレはすごく声を出してイクから興奮 …

出会い系で知り合った女性とのエッチで大失態をしでかして振られた失敗談

  春は鼻と目がムズムズし続ける、すするです。   あ!   ムラムラは割と通年ある方ですからね!←聞いてない   今回は出会い系を始めたころの失敗談です。 & …