漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

主人公におすすめの弱点

主人公には必ず弱点というのが必要になります。
弱点のないロボットのような主人公では読者に
気に入ってもらえません。
(「ゼロ」など主人公以外の人のドラマを描く
場合は別ですが…)
それは、人間であれば必ず弱点が存在するという
ことに繋がります。
そして、その弱点は漫画を読んでいる人が
持っている弱点と一致した方が、
共感を得られやすいです。


「俺もそういう弱点あるわー!」
と…
つまり、主人公が男だとすれば、
世の中の男の全てに共通するような
弱点が好ましいわけです。
「そんな弱点あるの?」
と思うかもしれませんが、
実はあります。
それは、あたりまえすぎて
逆に忘れがちなことです。
ずばり、
「ものすごく女に弱い」
です。
たいていの物語や神話の主人公って、
「女に弱い」ものです。
あざとく言えば、
「女に弱い属性」をつけておけば、女性も、
「アラ? 強い男性なのに、かわいいところあるのねウフフ」
と、思って悪い気はしませんし。
また男性的にも、それが
「スキ」や「ギャップ」
として感じられ、
「憎めないヤツじゃないか」
と思えるはずです。
さらに必然的に、お色気なシーンも
増えるため、聞いていて楽しい話
になります。
そういうわけで、
好感度を上げるためにも、
物語において「女に弱い」
は必要なのかもしれません。
それには、
「超鈍感で女性に好かれている
ことに気が付かない」
というパターンも含まれます。
もちろん、ぜったいに女性に弱くしないと
いけないわけではないですが、
弱点に困ったら女性に超弱いとしておけば無難です。
女性と目も合わせられない
女性と話すと超ドモる
などです。
男なら誰でも美人と話すと緊張します。
ドキドキします。
みんな同じように女性が苦手なんです。
それを漫画に活用しない手はありません。
○今回の新人賞を獲るポイント
「主人公の弱点は女性に弱いが定番!」

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

特殊能力を付けたら人間らしさを大切に!

さて、主人公に特殊能力を設定して安心してはいけません。 主人公のキャラや性格よりも、特別な設定ばかりに気を取られ てしまっては読者は白けてしまいます。 特殊能力を使うことばかりが強調されて、人間らしい …

キャラクターに説得力を持たせる方法!

以前、 赤マルジャンプの読み切り作品を読んでいたら、 微妙な違和感を感じる作品がありました。 登場していたのは小柄で、 かわいくて、 笑顔が素敵でな少女でした。

ダブル主人公の効果

心理学では「一貫性の幻想」というものがあります。 一言で言えば、 「同じ要素が2つ合わさると、それぞれの要素が極端に強まる」 というもの。 たとえば、「Aさんはかわいい」と言われたらどうでしょう。 お …

隙があるキャラは必ずモテる!

キャラを動かす上で重要なポイントの一つが隙です。 隙というのは、「キャラクターの心に読者が入り込む隙間」のことです。 この隙間がないと読者は感情移入できずに物語りだけが進み、 読書後の感覚として、スト …

役に立つ女性にモテる男性キャラの作り方

今日は、城咲仁さんのテクニックを漫画の登場人物に応用させる 方法についてです。 城咲仁さんは、昔は新宿ナンバーワンのホスト。 そのときの年収が1億円あったそうです。 ナンバーワンのホスト。 そんな人の …