漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

設定の考え方

提示した設定には説得力を!

漫画を読んでいるときにシラケル瞬間
というのがあります。
話に入り込もうとしているのに
サーっと心が離れていく。
それは、いろいろ原因があるんですが、
大きな原因としては、
「提示した設定に説得力を持たせる努力
を放棄していると感じた時」
です。
普通、マトモな作品ならば、
シナリオの中で新しい設定を提示する場合、
ある種“デモンストレーション”的な出来事
を起こして、その設定に説得力を
持たせるように努めるものです。


例えば、西部劇かなんかで、
「コイツは東の方じゃ並ぶ者無しと
言われたガンマンなんだ」
という触れ込みで新キャラが登場した場合、
必ずその新キャラに実力を発揮させる機会
が与えられますよね。
その界隈で2番手くらいの“村一番レヴェル”の
ガンマンが出て来て新キャラに決闘を挑み、
自分が1発発射する前に拳銃とカウボーイハット
を吹っ飛ばされて腰を抜かしたりするわけです。
そういう手続きを踏んで、
「東では無敵のガンマン」
という設定に説得力を持たせるわけです。
ところがシラケル作品では、設定は読み手に提示
さえすれば自動的に承認されるという考えで描かれ
なっちゃってるんですよね。
この考えを良しとしてしまったら、
別のマンガの中で
「こちらが今、人気絶頂で超面白い漫才師 △△さんだ」
という記述をしたが最後、
この「△△」が超面白い漫才師に
なってしまうわけですね。
で、そうなると、作中にこの人が登場した時、
作中の登場人物は
「おお、凄い! △△はなんて面白いんだ!」
…と言わなくちゃいけなくなるんです。
それを見せられた読み手は果たしてどう思うでしょうか?
○今回の新人賞を獲るポイント
「提示した設定には説得力をつける努力をしよう!」

-設定の考え方

執筆者:

関連記事

読者を熱中させる心理学

今回は人は何に興奮して熱中するのかという話です。 人を熱中させるには「浮き沈みの大きさ」が重要といわれています。 心理学では、不定率強化といわれています。 浮き沈みが激しく、報酬を得られるときもあれば …

誰の為の漫画か?

あなたは、自分の描いた漫画をどんな人に 読んでもらいたいかということを考えていますか? もし考えていないのなら今回の話は めちゃくちゃ役に立つと思います。 どんな読者に読んでもらいたいかによってストー …

どこまで設定をリアルにするか?

今回は作品のリアリティについてです。 漫画を描く上でどこまでリアリティを 持たせればいいのか? どこまで現実世界を踏まえようか? と、悩むことがあると思います。 漫画とはいえ現実離れした内容がどこまで …

読まないとストレスになる漫画を描く

今回は、あなたの漫画を「読まない方がストレス」と、 読者に思わせる方法についてです。 僕は、日々読むべき本や学ぶべき教材、 資料などが山積みになっている状態が、ずっと続いています。 本来、「漫画作成に …

常識を深く考えて新しい発想を出す

設定やキャラクターが漫画にとって重要なことは すでにあなたも知っていることでしょう。 でも、結局のところ出てくるアイディアというのは、 ひどく常識的な、 「どっかで見たことのあるもの」 になっているの …