漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!

漫画の新人賞が獲れる魅力的なストーリーの作り方や審査員も納得するキャラクターの考え方などを紹介いたします。漫画の描き方(書き方)を勉強したい人のサイトです。

キャラクターの作り方

隙があるキャラは必ずモテる!

キャラを動かす上で重要なポイントの一つが隙です。
隙というのは、「キャラクターの心に読者が入り込む隙間」のことです。
この隙間がないと読者は感情移入できずに物語りだけが進み、
読書後の感覚として、ストーリーの中を人形が動いていた
だけだったという感想になってしまいます。


では、隙間があるとはどんな状態でしょう?
言い換えれば「完璧ではない」ということです。
不完全な部分こそ、読者が入り込む隙です。
何でもこなして、失敗もしないキャラというのは、
ストーリーを進める上では非常に都合が良いですが、
読者を作品に引き込む役割としては、失格です。
恋愛で考えると分かりやすいです。
完璧で優等生の女性より、
ちょっとドジで放っておけない危なげなところが
ある女性のほうが話しかけやすいし、リアルにモテます。
男だって同じです。
クールで無口だけではモテませんが、
少し苦手なものが合ったりした方がモテますし、
人気があります。
テレビに出ているアイドルを考えてもらえば
納得できると思います。
完璧なアイドルより、
バラエティ番組などでコミカルな一面を見せるアイドル
のほうが人気が出ています。
隙の重要性はわかっていただけたでしょうか?
では、漫画のキャラに隙を持たせるにはどうしたら
よいのでしょうか?
初歩的な方法としては、
ふとした瞬間に見せる隙
心を許せる人にだけ見せる隙
を演出することです。
「ふとした瞬間に見せる隙」は、ストーリーの本筋とは
関係のない所で、
たとえば、完璧で優等生の女性なのに私服がみょうに
ダサいとか、慌てると場違いな変な専門用語を使って
しまうとかいう演出です。
「心を許せる人にだけ見せる隙」
というのは、完璧で優等生の女性なのに、
普通の人には絶対に話さない自分のちょっとした失敗談を
明るく話すとか、プレゼントもらっただけで感動で涙を流す
とかいった演出です。
ストーリーの進行を邪魔しないように、さりげなく、
隙を入れていきましょう。
きっと作品の魅力が一段階アップするはずです。
では、今すぐ、あなたのキャラに隙を入れてみましょう。
○今回の新人賞を獲るポイント
キャラには隙を与えて、読者にモテるようにする

-キャラクターの作り方

執筆者:

関連記事

すぐに使える敵キャラ設定パターン集②

今回も敵キャラの設定パターンです。 今後、魅力的な敵キャラや、 心底むかついて早くやっつけて欲しくなる 敵キャラの作り方についてじっくり話して いきたいと思っていますが、

ダブル主人公の効果

心理学では「一貫性の幻想」というものがあります。 一言で言えば、 「同じ要素が2つ合わさると、それぞれの要素が極端に強まる」 というもの。 たとえば、「Aさんはかわいい」と言われたらどうでしょう。 お …

特殊能力を付けたら人間らしさを大切に!

さて、主人公に特殊能力を設定して安心してはいけません。 主人公のキャラや性格よりも、特別な設定ばかりに気を取られ てしまっては読者は白けてしまいます。 特殊能力を使うことばかりが強調されて、人間らしい …

キャラの強さやレベルを簡単に説明する方法!

スポーツ漫画やバトル漫画で 読者が一番ストレスに思うことは何んだと思いますか?

主人公の目的達成には動機と苦難がある!

さてさて、今回もまた前回に引き続き、主人公についてです。 いくらあなたが、あっと驚くすごい目的を主人公に設定しても、事が順調に運びすぎて簡単に目標を達成してしまっては、まったく面白くない、ドラマチック …